手の痺れ・腕の痛みの治療

handpain男女ともに20~50歳ごろで、筋肉質な人、スポーツや仕事を頑張っている人、なで肩の人に手のしびれや痛みが起こることがあります。手全体がしびれ、腕が痛く、首や肩がよくこるのが特徴です。手を挙げると痛みやしびれはよけいに強くなることが多いようです。

首の骨から出て手に伸びている神経と心臓から出て手に流れていく動脈が、胸の上の肋骨と鎖骨の下で一緒になり束となります。この場所は元から狭いところなので、力仕事や日常生活で肩や首の筋肉のこりや緊張が起こったときに、神経・血管の束を圧迫されて手がじんじんしびれたり、むくんではれぼったい感じが出てきます。

治療方法としては、矯正治療、電気治療、マッサージ治療、鍼治療で血行を良くし、周囲の筋肉を温めて肩、首のこりや緊張をとります。その結果、神経・血管に対する圧迫が除去され、しびれたむくみは改善します。ビタミンEなどの血行を良くするミネラルを含んだ食事を心がけるなどのサプリメントや食事療法も効果的です。

top