秋田あゆ美 平成26年4月入社 新卒

voice4「どうして柔道整復師=スポーツトレーナーになろうと思ったのですか?」

高校生のときに部活動でケガをしてしまい、柔道整復師の方にお世話になりました。そのとき、1度の治療で痛みがなくなったことにとても感動し、感謝 の気持ちでいっぱいになりました。それからは、何かある度に先生にお世話になっています。常に患者目線で、手技で痛みをとり、たくさんの方を笑顔にさせる 先生を尊敬し、自分もこんなことができたらと思ったのが、柔道整復師を志したきっかけです。

小さい頃からスポーツが大好きで、ずっとスポーツに関わる仕事がしたいと思っていました。柔道整復師もスポーツに関わる仕事の1つですが、スポーツ のことをもっと学びたい、自分の知らないスポーツとの関わり方もあるのではないかと思い、大学に進学しました。大学では、健康・スポーツについて学び、 様々な角度からスポーツを見ることができました。勉強していく中で、私はケガや痛みで悩んでいるスポーツ選手の治療に関わりたいと思うようになりました。 私がスポーツを続けることができたのは、たくさんの方が支え、応援してくださったからです。次は、私が治療家としてスポーツをしている人を支え、応援していきたいです。

「KMCを選んだ理由は?」

就職活動で何度か合同説明会に参加しましたが、話を聞いてもピンと来ず、自分の働いている姿が想像できませんでした。自分が本当にやりたいことは何かを考えていたときに学校でKMCの会社説明会の案内を目にしました。そこには未経験でも働きながら資格を取得できると書いてあり、すぐに電話をかけました。説明会に参加し、現場で働く先生のお話や小林先生のお話を聞いて、ここだ!私がやりたいことはここにある!と感じました。

内定をいただき、2014年4月にKMCに入社、同時に近畿医療専門学校に入学しました。仕事と勉強の両立は正直に言うと本当に大変です。その分とても充実した日々を過ごすことが出来ています。KMCは働きながら学ぶ環境が整っています。仕事と学校の両立はもちろん、仕事中にもたくさんのことを学ぶことが出来ます。それは、一緒に働く先生方をはじめ、会社全体が全力で関わってくださるからです。

「KMCに入社して、これからの目標はありますか?」

柔道整復師になって施術で家族や友達など身近な人から笑顔にさせる、お世話になった方々へ恩返しをすることが今の目標です。もっと技術、人間力を磨き、たくさんの人の笑顔の理由になれるよう日々成長していきます。

top