関節痛の治療

2017年5月29日

arthralgia関節はひじ、ひざ、手首、足首、指、肩、あご、腰などにあり、部位によってさまざまな病気が起こります。例えば、ひざの関節は全身の体重を支えるため障害を起こしやすく、変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、半月板損傷がひざの三大病といわれます。

関節は、動きがあるためいろんな負担を吸収してしまうからこそ、歪みが出やすく、痛みが出やすい部位です。まず、第一にその関節にかかる負担を取り除くことが最優先と考えます。負担を取り除くため、身体のバランスを調整して歪みをとる治療を行います。

関節痛の原因

様々な原因によって引き起こされる関節痛ですが、最近ではスポーツを通した激しい運動で関節を痛める方が増えています。特に中高年からスポーツを始める方の多くは、筋力が衰えた状態で激しい運動をするため、関節を痛めやすい傾向があります。特にひざの関節障害は最も起こりやすく、運動前には屈伸等の入念なストレッチが必要です。その他にも「変形性関節症」や「関節リウマチ」など、関節痛の原因は多岐にわたります。

関節痛の治療方法

原因が多岐にわたる関節痛は、治療法も様々です。湿布や飲み薬を使った「薬物治療」や関節を温めて筋肉をほぐす「温熱治療」が一般的な治療法です。すでに関節を痛めてしまっている場合は、負担を軽減して自然治癒のため装具を身に付ける「装具療法」というものもあります。どうしても改善が望めない場合は、専門の病院で手術を受け、リハビリを通して回復を待つことになります。発症してからの治療も重要ですが、関節痛に効くとされるグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などのサプリメントも有効です。

関節痛の予防

病気による関節痛とは違い、運動やスポーツによって生じる関節痛はある程度予防することが出来ます。運動前には基本的なストレッチを行うことはもちろん、普段から筋力を衰えさせないよう適度な運動をすることも重要です。また、ひざの関節痛が多い理由のひとつは、実は肥満にあります。体重が重ければ重いほど膝への負担になるため、中年太りなども意識する必要があります。「運動する⇒筋力が付く⇒関節痛を防ぐ」というサイクルと、「運動する⇒痩せる⇒関節への負担を減らす」というサイクルの両軸で予防しましょう。関節が痛いなどはすべて関節です節々が痛いなど言い方には様々なものがあります風邪やインフルエンザ喉感染症によっても節々が痛くなることもあります

スポーツ大将や交通事故などで膝腰肩の痛みが出ることがありますこのように間接には多くの原因が存在するしますし若年層から高齢者、男性女性まで様々な 肩が症状を訴えられます

肩の関節の周りに出る四十肩五十肩は手が開かなくになくなりますまた痛みや痺れを生じることもありそれらは肩の関節の歪みにあります 。
それを 小林式背骨骨盤矯正法で正すことができます

膝の間が、離れる変形性膝関節症と言われる症状があります

これも、膝の変形と思われていますが、股関節の歪みにより膝が離れる事が多いのです。

これを治療するのが膝股関節小林式股関節矯正法です。
この股関節療法によって関節の角度を正常な位置に戻し、膝の隙間、いわゆるO脚を治す事ができます。

関節の痛みには様々な原因があり、その治療法は多岐に渡ります。

小林英健代表、田中宣彦スポーツ活法代表講師が直伝する。

八尾市あすなろ整骨院 北本町の小林幸司院長。

八尾市近鉄八尾駅すぐ、小林整骨院 本院でも小林式背骨骨盤矯正の治療が受けられます。

梅田なら、あすなろ整骨院梅田、西梅田すぐには、西梅田小林整骨院があり、兵庫県神戸市三宮にも、あすなろ整骨院三宮があります

小林式背骨骨盤矯正、小林式股関節療法。スポーツ活法治療を関節痛克服にお役立て下さい。

top