四十肩・五十肩の治療

shoulderpain肩関節は顔を洗ったり、働いたり、スポーツをしたりなど日常で絶えず動いているため、40歳頃から肩関節の周囲の筋肉や腱は疲労が蓄積し老化していきます。このため、特に思い当たる原因がなく痛みを覚えるようになってきます。夜間の激しい痛みにより目を覚ましたり、肩を動かすことにより痛みが強くなるので、無意識に肩を動かさないようになり、ついには肩が挙がらなくなってしまいます。

四十肩・五十肩とは?

肩の関節は、皆さんが毎日顔を洗ったり、働いたり、スポーツをしたりなど絶えず動いています。そのため、40歳頃から肩関節の周囲の筋肉や腱は、疲労が蓄積し老化していきます。このため、特に思い当たる原因がなくても肩に痛みを覚えるようになってきます。

夜間の激しい痛みによって目を覚ましたり、肩を動かすことにより痛みが強くなるので、無意識に肩を動かさないようになり、ついには肩が挙がらなくなってしまいます。これがいわゆる、四十肩や五十肩と呼ばれる症状です。

どのような人が起きやすいのか

その名の通り、40代・50代の人が四十肩・五十肩を起こしやすいですが、逆に60代からは肩の痛みを抱える方は減ってくると言われています。前述の通り、四十肩・五十肩は絶えず肩を動かすことにより発症しやすいですが、歳を重ねると次第に肩の運動量が少なくなるため、負担が小さくなるからだと言われています。

また、パソコンの操作や事務作業の多いデスクワークが多い方の方が、肩への負担が大きく発症しやすい傾向にあります。男性よりも女性の方が四十肩・五十肩の方が多いことから、事務員などされている女性の方は特に注意が必要です。

四十肩と五十肩の治療方法

治療法としては、痛みが強くうずきのある初期段階では矯正治療、アイシングや湿布、鍼治療を行い安静にします。痛みが改善してからは、関節が固くなるのを予防するために運動療法を行い、同時に痛みが強くならないように、マッサージ療法、温熱療法、電気療法を用います、

このように四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)は、運動をし続けながら同時に痛みに対する治療を続ける必要があります。痛みの原因としても筋・腱の老化現象も一つの要因となっているので、治療期間が長くなってしまうこともありますが、痛みをがまんしないでぜひご相談ください。

四十肩と五十肩の違い

一般的には、40代の人は四十肩、50代の人は五十肩になるという認識の方が多いかと思いますが、実はそれは勘違いです。実は、四十肩と五十肩には違いはありません。なぜなら、これら2つは「肩関節周囲炎」という、肩の炎症を意味する同じ症状が原因だからです。※つまり20代でも四十肩・五十肩になる可能性があるのです!

もともと、この「肩関節周囲炎」になる人は50代が多かったため「五十肩」と呼ばれていましたが、次第に40代でも同じ症状にかかる人が増えたため、「四十肩」という言葉が生まれたと言われています。

top