痛くて治らないアキレス腱炎の治療!大阪の整骨院おすすめ7選

2020.10.29 おすすめ記事
Pocket
LINEで送る

治らないアキレス腱炎で困っていませんか?

2日前の夕方頃に左足のアキレス腱辺りに微かな痛みと違和感を感じました。そして次の日の朝起きたら痛みが強くなっており現在もまだ痛みは強いです。どちらかというと歩いてる時よりは座ってる時や、同じ体勢でいてから動こうとする時に鋭い痛みがはしります。激しい運動も普段と変わったこともしていないのに急に痛くなってしまい困惑しています。引用:発言小町 https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2018/1024/869614.htm
1週間前アキレス腱を強打しました。あざになっていて押すと痛くて、歩くと痛くなります。そのせいで、脹脛まで痛くてだるい感じがします。ただの打撲なら病院にいっても…て感じなのですが、病院に行く目安をおしえてください。引用:Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13227317353?__ysp=44Ki44Kt44Os44K56IWx

歩くときや、座っている状態から立ち上がる時にアキレス腱に痛みを感じてしまうと日常生活にも困ってしまいます。以下のような症状がある方は、アキレス腱炎の可能性があります。

  • アキレス腱が痛くて、ふくらはぎのストレッチをすると余計に痛みが起こる
  • 朝起きて歩き始めに、踵の上のあたりが痛む
  • 長時間走るとアキレス腱が痛む

痛いアキレス腱炎とは

アキレス腱は、腓腹筋やふくらはぎの筋肉であるヒラメ筋、踵(かかと)の骨である踵骨(しょうこつ)についている腱です。腓腹筋やヒラメ筋は歩く、走るなど地面を蹴る動作や足の関節を動かす時に、よく使われる筋肉です。

つま先立ちや、ジャンプ、走る動作は負担がかかりやすい筋肉のため、これらの動作を繰り返すと、腓腹筋やヒラメ筋に負荷がどんどんかかります。すると硬くなってしまい、アキレス腱の腫れや踵の痛みが起こるようになります。

アキレス腱炎とは

ふくらはぎの筋肉と踵骨を結ぶ、アキレス腱に炎症が起こった状態をアキレス腱炎といいます。アキレス腱炎のほとんどが、使いすぎによって発生するといわれています。マラソンなどランナーに多くみられます。

アキレス腱炎は一般的に剣道、陸上、ジャンプスポーツなどの運動選手に多くみられます。ふくらはぎの筋肉が足の裏を踏み返す動きや、地面を蹴ってつま先立ちになる動きに関係していることから走る、蹴る、ジャンプするスポーツに多いとされているのです。

アキレス腱炎の特徴

アキレス腱炎は以下のような特徴があります。

  • 起床時の一歩目の歩行時に痛む
  • つま先立ちやジョギング、ランニング、ジャンプをした時にアキレス腱やその周囲が痛む
  • アキレス腱を指で押すと痛む
  • アキレス腱周囲に腫れがある
  • アキレス腱周辺に熱感がある

アキレス腱炎の原因

アキレス腱炎は、アキレス腱に繰り返し負荷がかかることで発症します。足首は体重がかかる部位で走る、ジャンプするなどの動作で体をわずかにねじる癖があったり、骨盤が左右にブレると、アキレス腱が過度に引っ張られてしまいます。これらの動作を繰り返していると、アキレス腱に過度な負担がかかり、炎症が起こり、アキレス腱炎を発症してしまうのです。

また、以下のような方はアキレス腱炎のリスクが高いと考えられます。

  • 偏平足の方
  • 足に合わない靴を履いていることが多い方
  • 急に運動を始めた方
  • 太り気味の方
  • ふくらはぎが硬い方
  • 中高年以降の方
  • ランニングフォームが悪い方

アキレス腱炎の症状

最初の症状はふくらはぎの下の部分と、踵の後ろに痛みが出現することです。運動を開始する時に強くなり、運動を続けていると軽減することもよくあります。アキレス腱を押すと痛み、腫れや赤みを帯びていることもあります。

また、踵を着地させると痛みが増し、悪化するとつま先立ちでも痛みが出るようになり、さらに安静時にも痛みが出るようになります。

アキレス腱炎を放置するとどうなる?

アキレス腱炎は、過度にアキレス腱に負荷がかかった状態のため、自然に回復することはありません。放置していると、慢性化したり、場合によっては手術が必要となってしまう可能性もあります。

また、ふくらはぎからアキレス腱にかけて起こる痛みは、アキレス腱炎だけではない場合もあります。違和感がある場合は、早めに整形外科や整骨院を受診しましょう。

治らないアキレス腱炎の治療方法

自然に治ることのないアキレス腱炎に対して、病院ではどのような治療を行うのか、簡単にまとめました。

病院のアキレス腱炎の治療

アキレス腱炎の診断は、症状と検査結果に基づき行われます。一般的な病院でのアキレス腱炎の治療は以下のようになります。

  • アイシング
  • インソール
  • 湿布薬の処方
  • 痛み止めの処方
  • テーピングなどの固定

病院のアキレス腱炎治療の支障

病院でのアキレス腱炎の治療は、多くの場合対症療法であることが多く、リハビリを行ったり、競技復帰までの治療を行っている病院は少ないのが現状です。

そのため十分な治療が受けられずアキレス腱炎が治らない方や、いつからスポーツを開始してよいのか分からず安静期間が長すぎて筋力低下してしまう方、不安感がありスポーツをやめてしまう方も多くいます。

また病院では患部の治療は適切に行っても、患部以外の状態を確認するところは少なく、再発リスクまで考慮されていないケースや、患部以外に痛みが出現する事もあります。

整骨院のアキレス腱炎の施術とは

整骨院でもアキレス腱炎の施術は行われており、柔道整復師が施術を行います。柔道整復師は国家資格であり、アキレス腱炎の施術は得意としている分野でもあります。整骨院でのアキレス腱炎の施術をまとめました。

整骨院のアキレス腱炎の施術の特徴

炎症がある場合は、アイシングを行うのは病院と同様です。しかし、その後行う整骨院でのアキレス腱炎の施術は、病院とは異なります。

ストレッチやマッサージ、超音波治療などの施術と同時に、アキレス腱炎の再発を予防するために、ふくらはぎの筋肉の硬さを取り、柔軟性の獲得や筋力強化に伴い、正しい動き方のアドバイスが行われます。

同時になぜアキレス腱炎になったのか原因を追究し、根本的な治療を行っていきます。

痛みに対して硬くなっている筋肉をほぐすために、手技療法や鍼灸治療も行われます。さらに、自宅でのストレッチ方法の指導があり、通院日以外にもしっかりケアできるようなサポートもされています。

アキレス腱炎のセルフケア

アキレス腱炎を予防するためには、運動前のストレッチと運動後のアイシングが効果的です。

アキレス腱のスポーツ障害予防に欠かせないのが、ふくらはぎのヒラメ筋を伸ばすストレッチです。ふくらはぎのヒラメ筋を伸ばすストレッチをすると、アキレス腱の負担を軽減することができます。

  1. 片膝立ちの姿勢にする

片膝立ちの姿勢を作ります。

  1. 前足に体重をかけ、足首を曲げる

つま先は正面に向け、前足の方に体重をかけ足首を曲げていきます。

  1. ふくらはぎの筋肉が伸びているところでキープ

アキレス腱から、ふくらはぎの筋肉が伸びているところで、10~15秒キープします。呼吸は止めずに深呼吸を繰り返します。

また、運動後はアイシングを必ず行いましょう。炎症予防になります。

痛くて治らないアキレス腱炎!大阪のおすすめ整骨院7選

治りにくいアキレス腱炎の施術を得意としている大阪の整骨院を7つご紹介します。痛みが取れない、なかなか治らないという時に、相談してみましょう。

小林整骨院北堀江

特徴・土曜日も夜八時まで受付・大阪メトロ 西大橋駅から徒歩5分・西長堀駅より徒歩6分、四ツ橋駅から徒歩8分
料金・スポーツ活法・・・2,800円 ・EMS体幹トレーニング・・・3,860円     ほか
住所大阪府大阪市西区北堀江2-15-8  06-6710-9169
診療時間午前8:30~12:30/午後16:00~20:00休診日:水曜午後、土曜午後、日曜日、祝日

小林整骨院 北堀江は、「どこに行っても治らなかった症状が当院で治った!」と口コミで広まっている小林整骨院グループの1院です。2020年6月1日にオープンした北堀江院は、新しいだけあって院内も非常に清潔で、安心して施術を受けられます。

小林整骨院グループは、スポーツ選手のケガや予防の施術を得意分野とし、豊富な臨床経験や基礎医学など幅広い知識を持つスタッフも多く在籍している整骨院です。

多くのスポーツトレーナーを輩出しているので、アキレス腱炎でお悩みの方は注目すべき整骨院です。

小林整骨院一覧

やまぐち整骨院

特徴・土日も営業・近鉄弥刀駅から徒歩1分
料金・初診料・・・2,000円・アキュスコープ&ハイチャージコース・・・5,000円 ほか
住所大阪府東大阪市金岡1-17-4 06-6753-7855
診療時間水曜 午前10:00~21:00月曜・火曜・水曜・金曜 午後13:00~21:00土曜 午前10:00~18:00日曜 午前10:00~14:00休診日:祝日 

やまぐち整骨院は、整骨院では珍しいエコー検査を行っています。エコーによって患部の炎症や部位の確認、状態を説明し、体の使い方をチェック、電気治療などによって局所治療、関連部位の治療を行います。再発予防にも力を入れている整骨院です。

営業時間が週の中でも限定されているので、来院時には必ず連絡を入れてから訪ねるようにしましょう。土日も営業しているのは、心強いでしょう。

永久鍼灸整骨院

特徴・P2台有り・JR環状線 福島駅、JR東西線 新福島駅、阪神電鉄 野田駅、地下鉄千日前線 野田阪神駅から徒歩約7分。
料金料金については、症状に応じて施術が異なるため、お問い合わせください。
住所大阪市福島区鷺洲2-5-35 06-6451-1505
診療時間午前9:00~午後12:30/午後15:00~19:30(土曜は14:00まで)休診日:土曜・日曜・祝日

初回のカウンセリングの時間を確保し、検査法を用いて健康状態を把握します。アキレス腱の痛み、症状の原因をカウンセリングでつきとめ、一人一人に合った方法で施術を行っています。

症状によって、施術法が異なり、治療開始から1,2週間ほど様子をみていきます。完治後も、日常生活や、スポーツ選手に対しては練習方法などをサポートし、再発予防に対しても力を入れています。

うめもと鍼灸整骨院

特徴・初回限定キャンペーン有り・長居駅から徒歩8分
料金・お身体の歪み改善整体初回検査料 2,000円全身調整 6,000円・鍼灸施術 1部位 2,000円~鍼灸全身施術 6,000円
住所大阪府大阪市住吉区長居4-11-24 カーサビアンカ1-1 06-6654-3043
診療時間午前8:00~午後12:00/午後15:00~20:00(土曜 8:00~12:00)水曜日午後は予約制休診日:土曜午後・日曜・祝日

スポーツ障害に力を入れているうめもと整骨院は、多くのスポーツ選手のケガの施術に携わっています。経験と知識によって、早期改善に努めています。

アキレス腱炎では、痛みの緩和を図りながら、丁寧な手技で全身調整を行い、不調をきたしにくい体に導いてくれます。最新の医療機器を用いて、適切な施術を行い、自宅でもできるケガ対策のサポートも行っています。

A.T.長島治療院 守口

特徴・予約優先制・京阪 守口市駅から徒歩3分・大阪市営地下鉄 守口駅から徒歩3分
料金・初診料・・・1,000円・局所鍼灸治療 1部位 1,000円(税別)局所鍼灸治療 2部位 2,000円(税別)ハイボルテージ 1,000円〜(税別)症状や部位数によって料金は異なります。詳しくはお問い合わせください。
住所大阪府守口市本町2-1-12  06-6998-7801
診療時間午前10:00~12:00/午後15:00~20:00土曜日:9:00〜17:00まで(第三土曜日のみ9:00~13:00)休診日:水曜日・日曜日・祝日

長島治療院でのふくらはぎ、足の施術で急性期は固定・アイシングや「最新の物理療法機器」による電気治療を行います。その後は、プロスポーツ選手に用いる「スポーツマッサージ」と「ストレッチ」を施すことによって、回復期間を短期間にすることが可能な施術を目指しています。

また一時的な痛みの改善だけでなく、怪我した箇所の周辺部分の関節や筋肉についても適切な処置を施し、「機能改善」「怪我・障害からの社会復帰」から、「パフォーマンスアップ」「疲れないからだづくり」に繋がる施術を行っています。

たけむら整骨院

特徴・足専門整体有り・南海本線 住ノ江駅から徒歩8分・阪堺線 我孫子道駅から徒歩1分
料金・初回限定 4,980円 ほか
住所大阪市住ノ江区安立3-9-12 バウハウス1F  06-6615-8181
診療時間午前9:00~12:30/午後16:00~20:00休診日:水曜、土曜午後・日曜・祝日 

足専門整体を行う、たけむら整骨院はアキレス腱炎の施術を得意としています。必要があれば専門資格であるフットケアトレーナーによって、オーダーメイドインソールも作製しています。

足裏にかかるバランスや身体の歪みを検査し、筋膜調整、骨格調整、運動療法の組み合わせでアキレス腱炎にアプローチしていきます。さらに、施術効果を最大化かつ長期化させるために、自宅での過ごし方や注意点、体操などもレクチャーしています。

きもと整骨院

特徴・完全予約制・大阪市営地下鉄御堂筋線 西田辺駅から徒歩2分
料金・検査料(初回のみ)・・・3,000円・施術料 ・・・5,500円
住所大阪府和泉市小田町2-21-20  0120-19-2255
診療時間午前9:00~午後13:00/午後16:00~19:00 土曜日のみ 9:00~13:00 / 14:00~17:00休診日:水曜・日曜・祝日

きもと整骨院のアキレス腱炎の施術は、2つの根本原因にアプローチするものになります。

骨盤や足首の歪みを整え、内臓バランスを整える施術を行います。骨格、内臓のバランスを整えることで、膝の動きがスムーズになり、ふくらはぎやアキレス腱の痛みが軽減されることを目指しています。

アキレス腱炎の原因は人によって異なるため、根本原因を見つけ出し、的確にアプローチする施術を行っています。土曜も営業しているので、通いやすい整骨院でしょう。

まとめ

弱みを握られたりすることを「アキレス腱をつかれた」などと言いますが、それほどアキレス腱は日常生活を送る上でも大切なものです。アキレス腱炎になると、日常生活に支障をきたしてしまう方も多いです。

歩くためには足が健康でないとなりません。症状を軽減させ、再発しない取り組みが大切です。整骨院では、歩き方、体の使い方の指導を行っているところが多いので、アキレス腱炎に悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る