耳つぼシールは2タイプある!特徴・効果・痛みなどの注意点を解説

2020.3.26 おすすめ記事

耳つぼシールの2つのタイプ

耳つぼは、ダイエット効果や体質改善効果が期待できるということから注目を集めています。その耳つぼを刺激するために、多くの方が利用しているのが耳つぼシールです。耳つぼシールは主に2種類あります。それが「粒タイプの耳つぼシール」と「ジュエリータイプの耳つぼシール」です。

2つのタイプの耳つぼシールの特徴や使い方、効果、使用する際の注意点などについて紹介します。

目次

  1. 粒タイプの耳つぼシールとは?
  2. ジュエリータイプの耳つぼシールとは?
  3. 効果が実感できない場合やツボがわからない方はプロに相談を
  4. まとめ


粒タイプの耳つぼシールとは?

粒タイプの耳つぼシールの特徴、使い方、効果、注意点を解説します。

粒タイプの耳つぼシールの特徴

粒タイプの耳つぼシールは耳つぼを刺激する小さな金属の粒鍼(チタンやガラス、セラミックなど)が透明のシールについています。シール部分は透明なので、目立ちません。

粒とシールがセット販売されているものや、シールと粒が別売りになっている場合があります。シールは医療用のシールを使っているものがほとんどですが、安価なものの中には違うものもあり、数日貼っているとかぶれてしまうことがあるので注意が必要です。

粒タイプの耳つぼシールの使い方

シールと粒が別売りとなっている場合には、粒をツボにあて、その上からシールで貼り付けます。親指と人差し指で耳を挟み込むようにし、シールの上からツボを圧迫して刺激を加えます。1回1分程度を1日3,4回行います。これを5日行ったらシールをはがして、反対の耳に張り替えます。

耳つぼシールを貼る際には耳に油分があり過ぎても、皮膚が乾燥していても取れやすくなるのでお風呂に入った時に耳をしっかり洗う、しっとりしすぎない化粧水をティッシュに含ませ耳の汚れを拭き取るなどを行ってから貼るようにしてください。

シールの接着面に指が触れてしまうと、指の油脂によってシールの持ちが悪くなることがあるため、シールに粒を付ける時やシールの台座から剥がす時には接着面が指で触れないように注意しましょう。

粒タイプの耳つぼシールを貼る位置

粒タイプの耳つぼシールを貼る位置は耳つぼを調べてから貼るようにしてください。ダイエット効果を期待するのであれば「神門」「飢点」「内分泌」は必須ポイントです。ほかにも耳にはツボがたくさんありますが、耳の大きさには個人差があるので2~5個のツボを選び貼るようにしてください。綿棒で軽く押し、少し痛みを感じるツボを選ぶのがポイントです。

粒タイプの耳つぼシールの効果

粒タイプの耳つぼシールは、食欲を抑制し食べすぎの防止や、自律神経を整わせストレスを軽減しイライラによる過食防止、ホルモンバランスを整え太りにくい体質改善などダイエットや体質を改善する効果が期待できるとされています。

粒タイプの耳つぼシールの痛みなどの注意点

粒タイプの耳つぼシールは小さな針がついている金属の粒をシールに貼って使用します。そのため以下のような注意点があります。

  • 金属アレルギー反応を起こす可能性がある
  • 圧痛刺激によって痛みを感じる場合がある
  • ツボがずれてしまうと効果が発揮できない
  • シールから粒が剥がれ耳の中に入ってしまう場合もある

ツボがきちんと見つけられない人は、はじめのうちはサロンや鍼灸院で体験してみることもおすすめです。

ジュエリータイプの耳つぼシールとは?

耳つぼシールは金属の粒についている針が耳つぼを刺激するものでそれを抑えるためにシールを使っています。ジュエリータイプの耳つぼシールは「耳つぼを刺激する粒鍼・シール・ジュエリー」の3つによって構成されています。

ジュエリータイプの耳つぼシールの特徴

耳つぼシールは接着面に耳つぼを刺激する金やチタン、セラミックなどからできた小さな粒鍼がついています。反対面にはスワロフスキーなどラインストーンがついており、ピアス感覚で着けることができます。

耳つぼジュエリーはファッション感覚で身に着けることができるので、スワロフスキー製の粒が人気で、様々な大きさの粒から選ぶことができます。また、スワロフスキー製ではないガラス製のものや、パールや様々な形に加工されたもあり、比較的安価で購入できるものもあります。

水に濡れても取れにくいので、海やプールなどでも着けたままにすることができます。

ジュエリータイプの耳つぼシールの使い方

耳つぼジュエリーは施術前に耳をよくほぐし、やわらかい状態にしておきましょう。耳をほぐして柔らかく血行の良い状態にしておくことが、耳つぼジュエリーを効果的に取り入れるポイントになります。

耳つぼシールと同様耳の油分を拭き取り、化粧水で乾燥を防いだ後で貼っていきます。鏡を見ながら、耳つぼの位置に印をつけ、耳つぼを刺激する鍼灸をシールで貼り付け、その上からジュエリーを貼っていきます。

指の油脂がつくとシールが剥がれやすくなるので、ピンセットを使い耳つぼシールをツボにあてて貼っていくとよいでしょう。鏡を見ながら貼っていくとスムーズにできます。商品によって異なりますが、3~7日くらいで新しいシールに貼り変えるようにしましょう。

ジュエリータイプの耳つぼシールを貼る位置

ジュエリータイプの耳つぼシールも通常の耳つぼシール同様に、自分が求める効果を得られるツボにシールを貼っていきます。耳つぼは耳に集中しているので、間違えないようにしたいものです。多くのジュエリータイプの耳つぼシールは購入時に耳つぼの場所が記載されているので、それに沿って貼っていきましょう。

ジュエリータイプの耳つぼシールの効果

耳つぼジュエリーはチタンなど金属の粒を耳のツボに押し当てピアス感覚で身に着けられます。それによって耳つぼを刺激し、体調やホルモンなどを整える効果が期待できます。

食欲を抑制することによるダイエット効果や美肌効果、頭痛や肩こり、眼精疲労、生理痛、自律神経の乱れ、不眠、ストレスなどの改善に期待できるとされています。あらゆる身体の不調を耳元のおしゃれをしながら刺激し、心身の健康を促進することが期待できます。

悩みに応じた耳つぼにシールを貼って刺激するので、従来のツボ押しと同様の効果が期待できます。

ジュエリータイプの耳つぼシールの痛みなどの注意点

ジュエリータイプの耳つぼシールを使用する際には以下の点に注意してください。

  • 耳に傷やかぶれがある方、小学生以下、妊娠中の方は使用できません。
  • かぶれや腫れが現れた場合には使用をやめ医師に相談してください。
  • 衛生上、使用期間は3~5日にしましょう。
  • セラミックや24金など、かぶれにくい素材を使用しているか確認しましょう。
  • 貼ったままにしていると、耳つぼの刺激に体が慣れてしまうため左右交互に使用しましょう。

効果が実感できない場合やツボがわからない方はプロに相談を

耳つぼシールも耳つぼジュエリーも、正しいツボに正しい貼り方をしていることが大前提です。なかなか効果が感じられない場合には貼り方やツボの位置が間違っている可能性があります。

また上手に貼ることができない、粒がずれて痛みを感じてしまうなどの可能性もあります。耳の形には個人差があります。しっかりと耳つぼを刺激して、ダイエットなど効果を期待している方は、最初はサロンや鍼灸院で体験してみることもおすすめです。

特にダイエットは耳つぼダイエットを行っている整骨院も多く存在するため、相談してみるとよいでしょう。整骨院によってはダイエットメニューを組んでいるところもあり、食事指導もしてくれるところもあります。ダイエット効果をより実感するためにも、整骨院を利用して耳つぼダイエットに取り組むのがおすすめです。

とはいえ、どの整骨院を利用したら良いのか悩んでしまう方も多いはずです。もしも整骨院選びでお困りでしたら、小林整骨院グループにお任せください。小林整骨院グループは、耳つぼダイエット施術をはじめ、骨盤矯正・O脚/X脚・肩こり・四十/五十肩に対する施術を行っている整骨院です。

テレビ・雑誌・本・ラジオなどの取材・実績を多数有しており、口コミ評価ナンバーワンを獲得しています。また、全スタッフの技術レベルが高く、国家資格保有者のエキスパート集団から自身の状態に応じたオーダーメイドの施術を受けられる点も大きな魅力です。

大阪・兵庫・愛知・静岡・東京・千葉・神奈川など全国に43院を展開しておりますので、耳つぼダイエットを始めたい方は、最寄りの小林整骨院グループの治療院をご利用ください。

耳つぼシールを用いたダイエットでは並行して栄養の摂取も意識する

耳つぼシールを用いて耳つぼダイエットを行う際は、合わせて身体に必要な栄養素の摂取にも気を配りましょう。もしも耳つぼダイエットの実施に伴い食事制限を行えば、身体の機能・代謝を正常に保つために必要な栄養素が不足するおそれがあります。これにより、食事から摂取したカロリーを十分に燃焼させられず、太りやすい体質となりかねません。

食事から摂取する中でも特に重要な働きを持つ栄養素は、糖質(炭水化物)・脂肪(脂質)・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維です。これらを総称して、6大栄養素と呼びます。

6大栄養素のうち糖質・脂肪・たんぱく質は、全身の細胞や組織を作るベースになるほか、身体のエネルギー源にもなる栄養素です。一方でビタミン・ミネラルは、直接的なエネルギー源とはならないものの、糖質・脂肪・たんぱく質がエネルギー源に変わる際に大切な働きをします。そして、食物繊維は、食べ物の未消化物・老廃物を便として体外に出す際に重要な役割を担う栄養素です。

上記の中でもダイエット時にとりわけ重要な働きをする栄養素は、ビタミン・ミネラルです。これらの栄養素が不足すると、糖質・脂肪・たんぱく質がエネルギーに変わらず体脂肪として身体に蓄積してしまいます。仮に常日頃から不足していれば、耳つぼシールを用いて耳つぼダイエットをしたり、食事制限を行ったりしても、体脂肪が燃えないため痩せにくいです。

耳つぼシールを用いた耳つぼダイエットで健康的に痩せていくためにも、やみくもに食事制限を行うことは避けて、6大栄養素の摂取を心がけてください。

まとめ

耳つぼシールも耳つぼジュエリーも効果や貼り方、使い方は同じです。耳つぼに刺激をして何らかの効果を得るためには正しいツボの位置を把握することが大切です。

耳の形は千差万別で個人差もあるため、最初は鍼灸院やサロンに相談して、耳つぼの刺激を始めてみるのがおすすめです。正しい耳つぼの位置を把握し、おしゃれに耳つぼの効果を試してみましょう。


The following two tabs change content below.