耳つぼ治療|胃や自律神経の乱れなど症状別に解説

2020.10.29 おすすめ記事
Pocket
LINEで送る

耳つぼ治療とは

耳つぼを刺激すると、体調不良や便秘、頭痛、腰痛などさまざまな不調に効果が期待できます。耳にあるツボを刺激し、心身のさまざまな不調を治療する「耳つぼ治療」は、古来より中国やフランスで使われています。

人間の耳には、100以上ものツボが存在しています。足の裏や手のひらにたくさんのツボが集まっているように、耳にも内臓や自律神経の働きを助けるツボがあります。耳つぼ治療は、そのツボを刺激し、健康を取り戻すように働きかけるものです。

また、耳つぼ治療は便秘や体調不良、腰痛や肩こりなどの痛みの緩和だけではなく、禁煙やアルコール依存症、高血圧や不眠症など、さまざまな悩みの改善にも取り入れられています。整骨院では、耳つぼ治療を行っているところもたくさんあります。

胃の耳つぼは?代表的な耳つぼ

胃がムカムカする、もたれるなど胃の不調に効果が期待できる耳つぼをご紹介します。正しいツボの位置を把握していれば、セルフケアすることも可能です。

胃の耳つぼ

胃の耳つぼは3つあります。

  • 胃点・・・胃点は顔側の上から2つ目の耳のくぼみのすぐ下の軟骨部分にあります。胃の働きに関わるツボで、空腹による不快感を抑え、ストレス性の胃炎や胃痛を予防します。
  • 噴門・・・噴門は胃点の軟骨のすぐ真下にあります。胃や腸の働きに関わるツボです。消化吸収を高め、胃、腸の働きを活発にします。
  • 食道・・・食道は、耳の穴の出口付近の上部分にあります。消化器全体に働きかけるので、体全体の新陳代謝の活性化が期待できます。

精神安定の耳つぼ

胃の不調はメンタル面が大きく関わるといわれています。そこで胃の不調がある時には、精神安定のツボも刺激してみましょう。

  • 神門・・・耳の上の方にある軟骨のくぼみのあたりにあります。精神安定に関するツボで、脳の視床下部に作用するので、ストレスの緩和に役立つと考えられています。

自律神経の乱れの耳つぼ

自律神経が乱れると、さまざまな不調が心身に生じます。胃の不調も、自律神経のバランスの乱れから起こるケースも少なくありません。

自律神経は脳を活性化させ、体をキビキビと動かすための働きをする交感神経と、リラックスし、鎮静作用のある副交感神経があります。就寝中は、副交感神経が優位となり、日中の身体の疲れや、胃や腸の修復を行います。

そのため、就寝前には副交感神経が優位になるようセットしておく必要があります。自律神経が乱れると、就寝時間になっても交感神経が優位になったままとなり、なかなか寝付けない、眠りが浅いなどの不調が起こるようになります。

すると、修復作業がしっかりと行われないため、胃や腸の不調が生じる原因となるのです。

耳には自律神経のツボが分布しています。耳たぶを含めた耳の外側部分は交感神経、耳の穴を中心とした中心部は副交感神経の線維が密集しています。自律神経の乱れを修正したい場合には、耳の穴を中心に刺激するとよいでしょう。

また、神門も精神安定のツボなので、同時に刺激するとよいでしょう。

食欲抑制の耳つぼ

ついつい食べすぎて胃もたれを起こすという方は、食欲を抑制する耳つぼを刺激してみましょう。

  • 飢点・・・耳の前の真ん中にある突起のくぼみ付近にあります。食欲抑制に大きな力を発揮するツボです。食べすぎを抑制し、食事量を適正に戻す作用があります。

頭痛や肩こりの耳つぼ

胃の不調と並行して頭痛や肩こりがある方は以下のツボを刺激しましょう。

  • 肩こり帯・・・耳たぶの上部、外側の周辺は肩こり帯と呼ばれるツボの密集地です。肩こりに効果が期待できる耳つぼです。
  • 肺点・・・肺点は耳の穴の手前部分の大きなくぼみの中心付近にあります。肩こりから起こる眼精疲労、吐き気、頭痛に効果が期待できるツボです。
  • 頭痛帯・・・耳の穴の横にある頭側の軟骨部分です。頭痛帯を刺激すると頭痛の緩和効果が期待できます。
  • 神門・・・痛みを和らげる作用が期待できるツボです。

耳つぼで胃を改善!マッサージ方法は?

胃の不調に効果が期待できる耳つぼをマッサージする方法をご紹介します。耳つぼマッサージはセルフマッサージと、整骨院やサロンなどのプロにマッサージしてもらう方法があります。

耳つぼをセルフマッサージする方法

自分でマッサージするので、自宅でも、職場でもどこでも簡単にできるのがメリットです。

  1. 耳つぼをマッサージする前に耳をほぐしておく

耳つぼを刺激する前に、耳全体を揉みほぐし、柔らかくしておきます。揉みほぐすことで、次に行うマッサージの効果が得られやすくなります。

  1. 鏡を見て、刺激したいツボを確認する

鏡を見て、胃の不調や自律神経の乱れに効果が期待できるツボの位置を確認します。

  1. ツボを刺激する

爪楊枝の背の部分や、綿棒などを使い、耳つぼを「イタ気持ちいい」程度の力加減で刺激します。1日5回程度を目安に刺激しましょう。ツボを押すグッズを使っても良いでしょう。

セルフマッサージは、先端が尖り過ぎていない丸みのあるものを使います。尖っていると耳の皮膚を傷つけてしまう可能性があるので避けてください。また、入浴後など全身が柔らかく血流が良い状態で耳をほぐし、マッサージすると、より効果的です。

プロにお願いする  

耳は小さい部位な上に、耳つぼの数が非常に多く、正確な位置を刺激するのは思った以上に難しいものです。胃の不調や自律神経の乱れを耳つぼで緩和したいと思うのであれば、正しい耳つぼの位置を把握し、マッサージしなければ効果は期待できません。

鏡を見ながら、耳つぼを刺激したけれど思ったような効果は得られなかった、という場合はマッサージしている耳つぼの位置が間違っている可能性があります。人の身体は千差万別で、耳も人によって形が異なります。

耳つぼを正確に把握するためには、最初は整骨院やサロンなどのプロに相談しましょう。整骨院は骨を整わせるというイメージがありますが、鍼灸を取り入れているところも多く、東洋医学に関しても長けています。

目的に合った耳つぼの位置を、しっかりとマッサージしてくれるので、効果を実感しやすいでしょう。

胃や自律神経の不調を耳つぼで解消するなら小林整骨院がおすすめ!

小林整骨院は、日本で初めて耳つぼダイエットを開発した整骨院です。大阪に本院を置き、関西地区だけではなく、東海地方、東京など全国に拠点を展開中の小林整骨院は、耳つぼダイエットの創始者としても有名です。

耳つぼに関しても豊富な知識と実績を持ち、耳つぼダイエットは小林整骨院の人気の施術メニューの1つです。

胃や自律神経の不調は、小林整骨院の通常のメニューでも緩和は可能です。食べすぎや、体重の増加によって骨格に影響を及ぼしている場合には、胃や自律神経の不調の原因にもなります。

小林整骨院は、個々の身体の調子を診てそれぞれに合った施術を行います。施術だけではなく、食事や日常生活に関するアドバイスも行っています。

耳つぼダイエットを効果的に行いたいなら栄養の摂取も意識する

小林整骨院が取り入れている耳つぼダイエットを効果的に行いたい場合、合わせて身体に必要な栄養素の摂取にも気を配りましょう。もしも耳つぼダイエットの実施に伴い食事制限を行えば、身体の機能・代謝を正常に保つために必要な栄養素が不足するおそれがあります。これにより、食事から摂取したカロリーを十分に燃焼させられず、太りやすい体質となりかねません。

食事から摂取する中でも特に重要な働きを持つ栄養素は、糖質(炭水化物)・脂肪(脂質)・たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維です。これらを総称して、6大栄養素と呼びます。

6大栄養素のうち糖質・脂肪・たんぱく質は、全身の細胞や組織を作るベースになるほか、身体のエネルギー源にもなる栄養素です。一方でビタミン・ミネラルは、直接的なエネルギー源とはならないものの、糖質・脂肪・たんぱく質がエネルギー源に変わる際に大切な働きをします。そして、食物繊維は、食べ物の未消化物・老廃物を便として体外に出す際に重要な役割を担う栄養素です。

上記の中でもダイエット時にとりわけ重要な働きをする栄養素は、ビタミン・ミネラルです。これらの栄養素が不足すると、糖質・脂肪・たんぱく質がエネルギーに変わらず体脂肪として身体に蓄積してしまいます。仮に常日頃から不足していれば、耳つぼダイエットをしたり、食事制限を行ったりしても、体脂肪が燃えないため痩せにくいです。

耳つぼダイエットで健康的に痩せていくためにも、やみくもに食事制限を行うことは避けて、6大栄養素の摂取を心がけてください。

まとめ

胃や自律神経の不調は、全身にも影響を与えてしまうことがあります。健康を維持するためにも、耳つぼ治療は積極的に生活に取り入れたいものです。

自分では耳つぼの位置がわからない、試してみたけれど効果が今一つ実感できないという方は、整骨院などプロにお任せしてみましょう。

Pocket
LINEで送る