肋間神経痛の原因とは?治療のできる大阪の整骨院 10選

2020.4.28 おすすめ記事
Pocket
LINEで送る

肋間神経痛とは?

肋間神経痛は脇腹の痛みを感じた時に使う人が多いのですが、肋骨に沿っている神経である肋間神経が痛む症状を指すのであり、脇腹が痛むものとは異なります。

肋間神経痛の痛み方は原因によって異なります。例えば「ジクジクとした痛みが持続する」「急に先が尖った細いものでピンポイントに刺されているかのような痛みが走る」などがあります。痛みが起こる部位は背中から脇腹、胸の前面やおへそ回りなどが代表的ですが、まれに足の付け根まで痛みが生じることがあります。

肋間神経痛は肋骨に沿い鋭い痛みが走るだけではなく、痛む場所や範囲もはっきりしているのが特徴です。また上半身の右側または、左側のみに起こるのも特徴です。特別な場合を除いて左右両側に肋間神経痛が起こることはありません。

肋間神経痛の原因はさまざまで、解明されていないものもあり、明らかに原因があるものを続発性肋間神経痛、明らかに原因がないものを原発性肋間神経痛といいます。

肋間神経痛の原因

肋間神経痛にはさまざまな原因が挙げられます。こちらでは以下3つの原因について解説します。

①病気          

病気が原因として起こる肋間神経痛は続発性肋間神経痛となります。肺、胃、肝臓や心臓の病気など肋間神経痛が起こる原因となる病気は多岐にわたります。

特に多いのが帯状疱疹から起こる肋間神経痛です。ウイルスの炎症によって強い痛みを引き起こします。また、他の病気では肺炎や肺がん、胸膜炎などの胸郭内病変や腫瘍が原因となることもあります。

②各部位の神経痛  

肋間神経痛を含め神経痛は、体の片側に痛みを生じるのが大きな特徴です。肋間神経痛の場合には肋骨に沿った神経に痛みが生じます。また妊婦さんも肋間神経痛は多いと言われ、お腹の内側からの圧力によって筋肉が引き伸ばされ痛みが起こるのではないかと考えられています。

③原因不明  

明らかに原因が特定できない肋間神経痛が原発性肋間神経痛です。神経痛には原因不明なものも多く、綿密に画像検査や診察を行っても原因不明となることも少なくありません。

原発性肋間神経痛はストレス過多が原因であることが多いとされていますが、長時間のパソコン作業や背中、肩にコリがある時に起こる場合には骨から肋間神経が刺激を受けてしまい、痛みが生じると考えられています。

④疲労

肋間神経痛は疲労によって起こることもあります。筋肉痛は筋肉を使いすぎたための筋肉疲労によって起こりますが、肋間筋は呼吸筋です。つまり呼吸するために使われている筋肉でもあります。呼吸は24時間常に行われています。深呼吸する、大声を出す、歌う、笑うと行ったときにはさらに酷使されます。そのため疲労が起こりやすい筋肉であり、疲労によって肋間神経痛が起こるのです。

⑤外傷

肋骨骨折や肋軟骨炎などの炎症や骨折によって、肋間神経が刺激され肋間神経痛を併発してしまうことがあります。

肋間神経痛の症状

肋間神経痛は一度でも経験したことがある人は皆、「痛みでとにかく呼吸ができない」「痛くて寝返りが打てない」などと言います。実際、肋間神経痛にはどのような症状があるのでしょうか。具体的な症状について解説します。

①痛み

Aさん(36歳:女性)のケース
何もしていなかったのに、寝返りを打つときにズキン!という激痛が胸から背中にかけて走りました。呼吸を深くしても激痛が走るので呼吸を浅くして過ごしました。1,2日程度で治まったのですが、また起きたらどうしようと思うと不安なことがあります。

肋間神経痛の代表的な症状が鋭い痛みです。激痛の場合や鈍痛の場合があります。

咳や深呼吸をする時、寝返りを打つ時など肋骨に沿った神経が動くことで痛みがひどくなります。

②立ち上がりが辛い          

Oさん(40歳:女性)のケース
椅子から立ち上がろうとしたら、途端に激痛が肋骨に走りました。痛みが腰ではなく、ぎっくり腰の痛みとは明らかに違うので戸惑いましたが、数秒すると治まるので、しばらく姿勢を崩さないようにして過ごしました。

肋間神経痛は、上半身を前後に曲げる、左右に曲げるなどの時に痛みが強くなります。時には息ができないほどの痛みが起こるのも特徴です。

③歩くと痛い          

Kさん(25歳:女性)のケース
通勤時に歩こうとしたら右側の背中が痛くなりました。足が痛いなら足か腰が悪いのかなと思ったのですが、痛みがないほうと痛みがあるほうが極端でした。通勤で満員電車に揺られるとやはり右側が伸びると痛いのでつり革も持てなくて大変でした。

肋間神経痛は上半身の左右どちらかに痛みが生じるのが特徴です。痛みがないほうに体を曲げ肋間神経を伸ばすようにすると痛みが起こります。

④座っているのが辛い      

Sさん(45歳:男性)のケース
仕事で長時間パソコン作業をしていたら、背中に鈍い痛みが走るようになりました。筋肉痛に似た痛みだったので、湿布などを貼ってみて数日で治まりました。が、やはり長時間同じ姿勢で座っていると背中に鈍痛が起こることが増えてきたので病院で診てもらったところ、骨や筋に異常はないため肋間神経痛ではないかと言われました。

背中に鈍痛があるのも肋間神経痛の特徴です。原発性肋間神経痛は原因が明らかではありませんが、長い時間同じ姿勢を続けていることで、肋骨に沿った神経が疲労してしまったのかもしれません。

⑤痺れが出る          

Mさん(50歳:男性)のケース
なんとなく背中に痺れを感じることがたびたびあります。痛みと言われるほどではないので気にしないようにはしていますが、たまに鈍痛を感じることもあり健康診断で相談しましたが特に病気は見当たらないとのことでした。ストレスによって肋間神経痛が起こる場合があります、という説明を受け納得できました。

肋間神経痛は鈍痛な場合もあるので、痛みまで感じなかったケースかもしれません。ストレスは万病の元となるので、ストレス解消につとめ肋間神経痛の予防を行いましょう。

肋間神経痛の対処法

肋間神経痛は数秒から数日で治まることが多いため、対処法もどうすればよいのかわからない方もいるでしょう。こちらでは肋間神経痛の対処法をいくつかご紹介します。

①病院で診察を受ける      

肋間神経痛は症状の1つとなるため原因が外傷によるものか、病気によるものかを病院では調べます。多くの場合には消炎鎮痛剤などを内服で治療する、湿布薬を処方されるなどです。帯状疱疹が原因となる場合には抗ウイルス薬の投与と神経障害性疼痛専用内服液などが処方されます。

痛みの原因がはっきりしない場合には、いつから症状が出ているのか、どんな痛みなのかをしっかりと医師に伝えることが大切です。何日も原因不明の肋間神経痛がある場合にはブロック注射などを使います。

受診の目安として、動いたときに痛みが増す場合には整形外科を、痛みが変わらずに持続している場合には内科を受診しましょう。

②楽な態勢で過ごす          

原因不明な肋間神経痛の場合には、呼吸するだけでも痛みを感じます。また身体を捻るだけでも痛みが生じるので、できるだけ呼吸を浅くしながら痛みが生じないようゆっくりとした動作で楽な姿勢をとりましょう。

③整骨院で治療を受ける  

原発性肋間神経痛は鍼治療で周囲の筋や、神経の過度な緊張を取ることで改善するケースも多いです。また体力の低下、ストレス過多によって身体のバランスが乱れている、機能低下している状態であることも多いため、整骨院で全身のバランスを整えるのも良い方法です。

肋間神経痛の予防法

普段から肋間神経痛の予防をしておくことも大切です。肋間神経痛の予防法をいくつかご紹介します。

①ストレッチ          

肋間神経痛予防にはストレッチがとても効果的です。ストレッチを行うことで全身の血流が改善され筋肉の緊張をほぐすことができます。

  1. 肩幅くらいに両足を開いて、腕を背中側に持って行き手のひらを合わせる
  2. 肩甲骨の動きを意識しながら、大きく息を吸い込み合わせた手を後方に伸ばす
  3. 息をゆっくりと吐きながら、手を元の位置まで戻す

②整骨院でアドバイスを受ける  

明らかなケガや病気がない場合には、指圧マッサージを受ける、鍼治療をするなど整骨院で相談するのもよいでしょう。

不調は感じないけれどストレスが溜まっている、姿勢が悪いなど機能や免疫が低下し肋間神経痛の原因となってしまうことがあります。整骨院で施術を受けるのもリフレッシュできます。また身体の使い方などアドバイスを受けるのもよいでしょう。

③正しい姿勢で過ごす      

猫背や反り腰など悪い姿勢を長時間続けていると肋間神経に疲労が溜まり、骨によって直接刺激され肋間神経痛の原因となります。正しい姿勢を常日頃から心掛けるようにしましょう。

④体を十分休める

肋間神経痛は自律神経の乱れやストレス過多によって生じやすくなります。少し疲れているなと感じたら、ゆっくりと休息し体を十分に休めましょう。お風呂にゆっくり浸かる、睡眠時間を7時間は確保するなど、生活リズムを見直してみましょう。

肋間神経痛の治療ができる大阪の整骨院10選

肋間神経痛は整骨院に相談するのもおすすめです。大阪で肋間神経痛の治療ができる整骨院をご紹介します。

小林整骨院天神

特徴 ・各種クレジットカード対応 ・堺筋線 天神橋筋六丁目駅 徒歩 3分
料金 ・小林式背骨矯正・・・2,700円 ・骨盤・美脚矯正・・・100円     ほか
住所 大阪府大阪市北区天神橋5-8-12 06-4801-0333
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00 休診日:第2水曜・土曜午後、日曜日、祝日

小林整骨院天神はカリスマ整骨院である小林整骨院グループの天神院です。どんな痛みでも絶対に治すというポリシーのもと、運営されています。小林整骨院が開発した小林式骨盤・背骨矯正法は多くの柔道整復師が用いている施術法の1つです。

肋間神経痛に対しても、自律神経の乱れやストレスなどによって起こる肋間の筋肉のコリ、疲労を根本からアプローチしていきます。口コミ評価も高く遠方からわざわざ通っている方も少なくありません。

おおしま整骨院

特徴 ・1日2名限定初回割引 ・鴫野駅から徒歩3分
料金 ・初診・・・6,500円 ・施術料・・・4,500円 ほか
住所 大阪市城東区鴫野西5-13-2  06-6786-4972
診療時間 午前8:30~12:00/午後15:00~20:30(土曜 8:30~15:00) 休診日:木曜・日曜・祝日

おおしま整骨院は、院長自身が7年以上整形外科での臨床経験に基づいた施術を行います。

肋間神経痛の原因は痛みのある症状だけではなく、自律神経の乱れや内臓機能の低下など、いろいろな場所から影響を受けた結果出る症状であると考え、身体全体にアプローチをしていきます。全身状態を把握し、緊張した筋肉を緩めながら前後左右のバランスも整えることで、骨を正しい位置へ戻し骨盤や姿勢の矯正を行います。同時に自律神経を整えるための施術を行い、肋間神経痛にアプローチしていきます。

GREEN整骨院

特徴 ・完全予約制 ・地下鉄谷町線 都島駅から徒歩1分
料金 ・初回・・・9,000円~ ・1日限定3名 3,000円
住所 大阪市都島区善源寺町1-5-51スターリービル2F 06-6921-9020
診療時間 午前9:00~21:00 休診日:日曜日、祝日

GREEN整骨院は筋膜整体という独自の施術法で、痛みの原因となる部分にアプローチしていきます。骨ではなく筋膜を施術することで、症状改善に的確な施術を行う方法です。

肋間神経痛においては筋肉の表面にある筋膜が癒着している方が多いと捉え、癒着によって肋間神経に負担をかけ、痛みが出てしまっている事が原因と考えています。筋肉が硬いことよりも、筋膜の癒着をリリースすることで痛みの改善を目指しています。また施術後のケア方法もサポートしてくれます。

万が一、施術に満足できなかった場合には、返金保証制度があるので、安心して相談することができます。

森鍼灸整骨院

特徴 ・完全予約制 ・学研都市線JR放出駅から徒歩1分
料金 ・筋肉バランス療法・・・1,980円 ・特殊電気治療1,980円   ほか
住所 大阪市鶴見区放出東3丁目7-8  06-6965-2029
診療時間 午前9:00~12:00/午後15:00-20:00(土曜日は8:00〜13:00) 休診日:日曜、祝日

森鍼灸整骨院は、根本的な原因にアプローチする施術を行っています。基本的に予約制になっているため待ち時間もなく、女性スタッフが常にいるので安心して相談できます。また平日夜20時まで、土曜日も13時まで受付可能なので、急な痛みに対しても対応してもらえます。

肋間神経痛には姿勢や身体の歪み、関節の可動域、圧痛や組織の緊張など様々な検査を行い、肋間神経痛の部位と原因を見つけ出し、神経の出口の骨のズレや骨盤の歪みなどに対して施術を行っていきます。急性期の肋間神経痛にはアイシングなどを行いながら、急性期後には鍼灸治療などで肋間神経痛の原因に的確にアプローチしていきます。

ひろ整骨院

特徴 ・全額返金保証制度有り ・JR環状線 大正駅から徒歩7分 ・地下鉄長堀鶴見緑地線 大正駅から 徒歩7分
料金 初診料    2,000円 +施術料 6,500円 初回・・・8,500円 2回目以降・・・6,500円 ほか
住所 大阪市大正区三軒家西1-26-7‎ 06-6551-2223
診療時間 午前9:00~13:00/午後15:30~20:00 (土曜は14:00まで) 休診日:木曜・日曜・祝日

ひろ整骨院は疲労回復整体という、独自の施術方法で体の歪みを改善していきます。肋間神経痛の原因は、骨のゆがみと呼吸の浅さにあると考え施術を行います。骨盤が前傾になると猫背になり呼吸も浅くなり、肋骨のねじれがあるとさらに循環が悪くなり、神経を圧迫することから肋間神経痛が起こると考えています。そこで体の歪みを取り、呼吸しやすいよう調整し循環を促すことで肋間神経痛にアプローチしていくのです。

女性施術者も2名いることや、土曜日も14時まで営業と非常に通いやすい環境にあります。駅からも10分かからず行けるため、通い続けることも苦ではありません。

いつ整骨院

特徴 ・出張施術対応、キッズスペースあり ・京阪交野線 宮之阪駅から徒歩40秒
料金 ・無痛整体・・・8,400円 ・筋膜リリース・・・6,000円 ほか
住所 大阪府枚方市宮之阪3丁目1−24柿沼ビル1F 072-848-8848
診療時間 午前9:00~12:30/午後15:30 〜21:00 休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

いつ整骨院では、10通りもの技術を一人一人の身体の状態に合わせて施術を行ってくれます。組み合わせの基盤は筋膜リリースです。それに加え一人一人の症状と経緯などを鑑みて、施術メニューを組んでくれるのです。

頭の先からつま先まで全身の検査を行い、内臓や血流など多岐にわたる検査を来院時に必ず行っています。関節の可動域の検査や身体の動かし方の癖や筋肉の使い方、重心などから肋間神経痛を引き起こした要因を明らかにし、要因を解消していく施術をすすめてくれるので安心して相談できるでしょう。

おんわ整骨院

特徴 ・初回限定メニューが豊富 ・京阪本線樟葉駅から徒歩10分
料金 ・初回限定・・・1日4名 2,980円 ・椎間板ヘルニア 初回限定・・・1日3名 2,980円 ほか
住所 大阪府枚方市町楠葉1丁目30−5 072-396-4230
診療時間 平日:10:00 〜19:00 日曜:10:00 〜13:00 休診日:祝日

おんわ整骨院は予約優先制なので待ち時間がなく、一人一人の施術をしっかりと行い子供連れでも安心して施術できるようキッズスペースも設けられている整骨院です。初回限定メニューが非常に豊富なことや、土日も営業しているので通いやすいでしょう。

肋間神経痛に対しては「背骨・骨盤のズレ」に原因があると考え、体の奥のコリをほぐすことはもちろんですが背骨・骨盤のズレを治し一人一人に合った施術をしていきます。

きもと整骨院

特徴 ・毎月先着35名割引あり ・和泉府中駅から車で5分 ・和泉中央駅から車で10分
料金 ・初見料・・・3,000円(税別) ・施術料・・・5,500円(税別)   ほか
住所 大阪府和泉市小田町2丁目21−20 0120-192-255
診療時間 午前9:00 〜13:00/午後15:00 〜19:00 土曜午前9:00 〜13:00/午後14:00~17:00 休診日:水曜、日曜、祝日

きもと整骨院は土曜日も17時まで営業しています。駅から車で5~10分程度はかかりますが、毎月35人先着で割引制度があるので上手に利用してみましょう。施術方法は非常にソフトで妊婦さんも受けることができる、やさしい刺激で体を改善していきます。

肋間神経痛に対しては肋骨の歪みを整え、肋骨の動きを柔らかくすることで改善に導いてくれることが期待できます。人によって症状は似ていても痛みの原因は異なるので、原因を見つけ出し、そこにアプローチするように施術してくれます。

まほろば鍼灸整骨院

特徴 ・完全予約制 ・江坂駅から徒歩7分 ・阪急豊津駅から徒歩11分
料金 ・1回・・・3,780円 ・初診料・・・2,000円
住所 大阪府吹田市垂水町1-54-1 協同レジデンス江坂102号 06-6339-0468
診療時間 午前8:30~12:30/午後15:30~20:00 休診日:金曜・土曜午後、日曜・祝日

吹田市江坂にあるまぼろば鍼灸整骨院は、江坂駅から徒歩7分と通いやすい位置にあります。腰痛、肩こり、首の痛み、頭痛などの症状の根本治療を行う整骨院です。女性スタッフが在籍しているので女性も安心して施術を受けられます。

肋間神経痛に対してはしっかりと全身チェックを行い、骨格矯正と筋肉調整で人間の自然治癒力を高め、肋骨付近の筋肉に負担がかかる身体の歪みや姿勢の癖を矯正し、肋間神経痛を再発しにくい状態に整えていきます。また体を良い状態にキープするための筋力トレーニングメニューや、痛みの原因物質や老廃物の循環を改善するリフレクソロジーメニューもあります。

のぎ整骨院

特徴 ・予約制で待ち時間が少ない ・地下鉄御堂筋 長居駅から徒歩約4分 ・JR 長居駅から徒歩約6分
料金 ・リライト整体コース・・・初見料3,000円+施術料3,000円 ほか
住所 大阪市住吉区長居東3-13-31  06-6695-5408
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00 休診日:水曜・土曜午後、日曜日、祝日

リライト整体というオリジナル整体を用いて、施術を行うのがのぎ整骨院です。他の整骨院では骨をメインに身体を根本から改善するところが多い中、のぎ整骨院は自律神経に着目し、自律神経の乱れから起こる筋肉のコリや内臓の機能低下、経路の機能低下などに対して的確にアプローチする施術を行っています。

肋間神経痛に対してもリライト整体を用いて神経、筋肉、骨のバランスを整え、脳の運動パターンを変えることで再発を防止していきます。全額返金保証制度があるので、気になる方は一度体験してください。

まとめ       

肋間神経痛は一度でも経験すると、もう二度とあの痛みは経験したくないという方がほとんどでしょう。寝返りどころか立った状態から座るのにも痛みが生じないか緊張してしまうほどです。

多くの場合、原因はストレスや姿勢、筋肉のコリや疲労から起こるものです。日頃から肋間神経痛を予防するためにも規則正しい生活習慣を身に着け、正しい姿勢を意識しストレスを溜めないようにしていくことが大切です。

整骨院を上手に利用して肋間神経痛予防するのもよいでしょう。今回ご紹介した整骨院にアドバイスを受けるのもおすすめです。

Pocket
LINEで送る