首の横が痛い!

2022.3.23 重要おすすめ記事 , 頭痛 , 首周りの痛み

皆さんは、首が痛くなる経験はありますか?

首の痛みは、およそ7割の人が一度は経験したことがあると言われるほど、身近にある症状の一つです。今回は多くある首の症状の中で横の痛みについて解説しています。

小林整骨院ではメールでのお悩み・ご質問等の相談も承っていますのでお気軽にご相談下さい。

目次

  1. 首の横が痛いなど症状の原因は?
  2. 症状別の解消法を解説!
  3. 小林整骨院でできること
  4. まとめ

首の横が痛いなど症状の原因は?

むちうち

首は頭の重さ(6~8㎏)を常に支えているのでその結果、首を痛めてしまうことがあります。首は、寝違えなどによって痛みを感じることが多い場所だと言われています。

上下左右に動かしたり、首を回したり、さまざまな動きを普段から行っているので日ごろから首には大きな負担がかかっています。他にも様々な原因があります。

一つは、加齢によって首の筋肉が弱くなってしまったり、運動不足で首をあまり動かさないでいると、首の筋肉を寝違えてしまったり、こりから筋肉痛が出てきたりすることがあります。

また、頸椎(首の骨)そのものが加齢によってだんだん脆くなっていきます。頸椎がすり減り、クッションとなっている椎間板(ついかんばん)の変形が生じると慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。

もし、頸椎が変形してしまうと首の症状のほかに、肩の痛みや手のしびれ、脚のしびれによる歩行障害、さらには排尿障害まで起こすことがあります。さらに、痛みの原因には骨や筋肉などのほかに皮膚や血管の問題、リンパ節の腫れなどの問題があります。

その中でも、首を支える筋肉や骨の異常や神経の圧迫による痛みは、加齢や首を激しく動かすことでも痛めてしまいますが、姿勢の悪さ、長時間のパソコン作業によって痛めてしまうことがあります。

症状別の解消法を解説!

では、どのようにすれば首の症状が改善していくのでしょうか?

首を痛めるケースの多くは運動不足などが原因で首を動かさないことで痛めることがあります。そういった場合は、日常の生活習慣を見直すこと、首の筋肉を鍛えることが重要です。

首の筋肉を鍛えられる簡単なトレーニングを紹介します。

首の筋肉を鍛えるトレーニング①ネックフレクション

このトレーニングは、仰向けになった状態から頭を上げるトレーニングです。体勢は、仰向けに寝てもらいます。そのまま「ゆっくり」おへそを見るように頭を上げます。この時にお腹の力を使って上げないように注意しましょう。

首の筋肉を鍛えるトレーニング②ネックエクステンション

このトレーニングは四つん這いの姿勢から頭を上げるトレーニングです。体勢は画像のように四つん這いになります。そのまま「ゆっくり」天井を見上げるように頭を上げます。その時に腰を反らないように身体はまっすぐになるようにしましょう。

また、長時間のパソコン作業によって、背中が丸くなり顔が少し前につき出す姿勢を取ると首を痛めやすくなります。パソコン作業だけでなく、テレビを見ている時なども同じような姿勢を取るので同じことが言えると思います。

パソコン作業による首の痛みがある時の改善法としては、背筋を伸ばして、顎を少し引く姿勢を心がけることです。長時間同じ姿勢を取り続けると首の筋肉などに負担がかかってしまうので、30分に1度は席を立ち、身体を動かすようにしましょう。

身体をどう動かしたらいいのか分からない方は、今から紹介する運動を参考にやってみましょう。

  • 首を左右にゆっくり倒す(5秒くらいずつ交互に5回)
  • 肩を大きくゆっくり回す(前回しと後ろ回しを5回ずつ)
  • 腕を上げてブルブル振る、腕を下げてブルブル振る

長時間同じような姿勢を取ってしまうと筋肉が固まり、痛みの原因となってしまうので少しの空いた時間を使って身体を動かすようにしましょう。上記の運動も全てやっていても3分ほどなので、合間を見つけてやってみてください。

身体を少しでも動かすことにより、血流循環が改善されるので疲労物質が身体の中に残りにくくなります。そして、先程紹介した運動は首、肩、腕などをリラックスさせるために行うので、力を入れずにリラックスし、動きは大きくゆっくり行うのがオススメです。

もし、力が入った状態で行ってしまうと逆に首などの筋肉を傷めてしまう可能性があるので、力を入れ過ぎないように注意しましょう。テレワークを行っている方は、定期的に休憩を取るのも大切です。しかし、普段の職場とは違う環境で作業を行うので、作業環境を整えるのも重要です。

机や椅子の高さが合わない場合だと、首に負担がかかり、痛める可能性があります。なので、作業中にどちらかの高さがあっていないと感じた時は、高さを変えることをオススメします。もし、机の高さが変えられない場合でも台などを活用してパソコンの高さを変えるなど色々工夫をすることは可能なので、自分に合った高さで作業をするようにしましょう。

小林整骨院でできること

首の横の痛みの原因や、症状改善方法についてお分かり頂けましたでしょうか?
ここからは、小林整骨院ではどのような施術ができるのかを解説していきます。

当院では、骨格矯正をメインに行っています。骨の歪みは、姿勢の問題、癖、習慣で歪むことがあります。その歪みが原因で、首を動かした時に負担がかかり痛めてしまう場合があります。

骨格矯正では、首の歪みはもちろん首だけでなく全身の歪みを整えることにより、血流循環が改善されて身体にかかる負担が軽減されます。その結果、首の負担が軽減され、症状が改善されます。

さらに、筋肉に対してもアプローチをかけていきます。日常生活の悪い姿勢や、首を動かした際に筋肉に負担がかかり、負担が蓄積されると筋肉は固まってしまい、動きが悪くなり痛みが生じます。

よって、固まっていた筋肉を筋肉矯正でほぐし、悪い姿勢や血流循環を改善していきます。そして、身体を動かすためにセルフストレッチやトレーニングなど運動メニューの指導も行っているので、ご遠慮なくご相談下さい。

まとめ

このように首の横が痛い原因でも様々あり、なぜ首の横が痛くなるのかが分かったと思います。首が痛くなったときは筋肉が固くなっている可能性があるので、首を回したり、肩を回したりと周りの筋肉をほぐすようにしましょう。

筋肉をほぐすことによって血流循環も改善されて、疲労回復にも繋がります。もしも、ご自身で色々と対処法を試してみて中々効果が出なかった場合は、骨格の歪みなどの原因も考えられます。

首(頸椎)の歪みだけでなく、身体全体の歪みが原因だと考えられるので、その時は小林整骨院で行っている骨格矯正をぜひ受けてみてください。

首の痛みがどうにもならない方は、お近くの小林整骨院までお越しください。

監修者:小林英健院長
株式会社KMC小林整骨院グループ 総院長 株式会社KMC小林整骨院グループ(所在地:大阪府八尾市 代表:小林英健)は、「小林整骨院」を1985年11月に大阪府八尾市で開業(現:あすなろ整骨院北本町)。現在では全国に42店舗展開し、全グループ院の延べ来院患者数は1300万人を超えています。「スポーツ活法」というトップアスリートの心身ともにサポートするための新療法を実施。治療できる領域の幅を広げて様々な治療経験を積むことで、すべての患者様・アスリートを癒し、スポーツ界や地域社会に貢献することを目指します。KMC小林整骨院グループ オフィシャルサイト(https://www.seikotsuin-kobayashi.com