テニス肘・野球肘・肘の痛みの改善におすすめの大阪の整骨院8選

2020.2.27 スポーツ障害 , 手・腕の痛み , 関節痛
Pocket
LINEで送る

肘の痛みの原因とは?

雑巾を絞ろうとしたら肘が痛い、衣服の着脱時にひじが痛いなど、ひじを動かすことで感じるひじ痛にはいくつか原因となるものがあります。肘に痛みを生じてしまう原因を詳しく解説します。

①テニス肘とは      

テニス肘はテニスをしている人に多く現れる肘の痛みの症状です。とはいえ、実際にテニスで肘を痛めてしまう人はわずか5%程度で、残りの95%の人は家事や仕事などで肘を使いすぎて発症しているというデータがあります。

 

上腕骨外側上顆炎

テニス肘は上腕骨外側上顆炎というのが正しい名称です。腕組をした時に、肘の一番前にくる部分には出っ張りがあります。テニス肘はこの部分あるいはその周辺が痛くなります。

上腕骨外側上顆炎の原因の1つは、繰り返して行う動作の負担によって起こるものです。テニスで繰り返し動作をすること、仕事で重いものを持ったり赤ちゃんを抱いたり、介護で腕を使うことが多いなど、負担が繰り返されるとテニス肘(上腕骨外側上顆炎)が生じてしまいます。

また、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の好発年齢は30代後半から50代の女性に多いとされ、ケガがきっかけでテニス肘(上腕骨外側上顆炎)になる人もいますが、多くの場合には日常生活の中で肘の筋肉や腱に負担が積み重なり発症しています。

肘に痛みがあると、日常生活にも支障をきたします。例えば物を掴むときにひじが痛い、洋服の着脱時に痛みがある、肘が痛くてペットボトルの蓋が開けられないなどちょっとした動作で肘が痛むようになりストレスもたまってしまいます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は慢性化しやすく、一般的にとても治りにくいものであるとされています。

②野球肘とは

野球肘とは、野球の投球動作によって肘を痛めてしまう事を指します。比較的野球をしている小中学生に多いとされています。他のスポーツと比べ、野球の投球は肩や肘に同じ力がかかり続けてしまうことから野球肘が生じてしまいます。

さらに成長期の小中学生の関節付近には、大人の成熟した骨と比べ明らかに弱い成長軟骨があり、野球をしている小学生の野球肘の発生率は20%にも及びます。また、野球肘には内側副靭帯損傷と離脱性骨軟骨炎の2つの種類があります。以下で詳しく解説します。

1.内側側副靭帯損傷

野球肘の発生頻度は内側側面靭帯損傷が圧倒的に多く、投球動作によって肘の内側に離れようとする力が繰り返しかかることで起こります。成長が終わった高校生以降になると、骨と骨を繋ぐ靭帯そのものが損傷してしまい、少年期では靭帯が付着している成長軟骨付近の骨成分が傷んでしまいます。

重症となることは少なく、多くの場合安静にしていると軽快していきます。

2.離脱性骨軟骨炎

外側型の野球肘を離脱性骨軟骨炎といいます。肘の上の上腕骨と下の橈骨(とうこつ)が投球動作でぶつかる力がかかり続けてしまうと、骨の表面にある関節軟骨が傷ついていきます。これが進行すると離脱性骨軟骨炎を発症してしまい、発生頻度は低いとされているものの、どんどんと悪化してしまうと手術が必要になることがあります。

③ゴルフ肘とは

ゴルフ肘はテニス肘同様に、ゴルフを行う人に起こりやすい症状です。手首を手のひら側に繰り返し強く曲げると肘に負担がかかります。ゴルフ肘はこの継続的な負担によって発症するものです。テニス肘が肘の外側に痛みが生じるのに対し、ゴルフ肘は肘の内側に出るのが特徴です。

上腕骨内側上顆炎

ゴルフ肘は正式には上腕骨内側上顆炎と呼ばれています。治りにくく日常的に腕を使う仕事をしている人は、長期化することが多く早めの対策が重要となります。指や手首を動かす筋肉から、肘を動かす筋肉にかけて疲労が蓄積すると、筋肉のつけ根にある上腕骨内側上顆部に疲労が蓄積し、炎症が起こります。

④怪我や疾患

ケガや疾患が原因となって肘に痛みを生じてしまう場合があります。その場合には、速やかに整形外科等、医師の診断を受けるようにしてください。その際にはなぜ痛くなったのか、いつくらいから痛いのかなどメモを用意し、医師に相談しましょう。

肘が痛いときの対処法 

肘が傷む原因にはテニス肘、野球肘、ゴルフ肘など色々なものがあります。肘に繰り返し負担がかかることで生じているものに関しては、できるだけ肘を使わないように負担を減らし、安静にしていることが一番です。

肘はマッサージすることでもかなり楽になり、筋肉の緊張を解きほぐすことができます。テニス肘やゴルフ肘、野球肘などのスポーツ障害に関しては整骨院でも対応しているので、利用してみてはいかがでしょうか。

肘の痛みの改善におすすめの大阪の整骨院8選

肘の痛みの改善には、整骨院での治療も有効です。大阪にある整骨院の中でひじ痛の施術に対応しているおすすめの整骨院を8選ご紹介します。

・北浜小林整骨院

特徴 ・予約優先性 ・OsakaMetro堺筋線 北浜駅から徒歩4分 ・京阪中之島線 なにわ橋駅から徒歩6分 ・OsakaMetro御堂筋線 淀屋橋駅から徒歩6分
料金 ・筋肉矯正マッサージ・・・1,080円 ・楽トレ・・・3,780円     ほか
住所 大阪市中央区伏見町2-3-9 TAG北浜ビル1F 06-6228-0102
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00 休診日:水曜・土曜午後、日曜日、祝日

北浜小林整骨院ではテニス肘ほか、野球型などスポーツ障害や坐骨神経痛、ぎっくり腰など小林式背骨・骨盤矯正法で痛みを軽減し、筋肉を整えていきます。

即効性があり、1回の施術で嘘のように痛みが軽減したという口コミも少なくありません。悪い状態が長期にわたっている場合には、初めは矯正をしても変化を感じにくいものの、施術を継続していくことで少しずつ良くなり始めます。北浜のオフィス街の真ん中に位置していますので、お昼休み・帰宅前に気軽に通院することができます。

小林整骨院一覧

創輝(そうき)鍼灸整骨院

特徴 ・新規は1日2名限定 ・大阪市住吉区JR長居駅から徒歩30秒
料金 ・初回・・・9,000円 ・2回目以降・・・6,000円     ほか
住所 大阪府大阪市住吉区長居3-2-3 1F 0120-669-678
診療時間 午前9:00~午後13:00/午後16:00~20:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

創輝(そうき)鍼灸整骨院は、長居駅から徒歩30秒という好立地で非常に通いやすい整骨院です。肘の痛みは長引きがちなので、駅から近いという点は大きなメリットです。

創輝(そうき)鍼灸整骨院は、初回に姿勢の写真を撮影し、問診や検査を行い、体の問題点やバランス等を把握し、分かりやすく説明してくれます。問診や検査で把握した状態に合わせ、優しい手技で筋肉や骨格のバランスを整え、内臓の疲労回復をも行ってくれます。さらに日常生活や動作をも問診し、再発させないための操作指導も一緒に行ってくれます。

・のぎ整骨院

特徴 ・HP特別割引有り ・JR長居駅から徒歩8分 ・地下鉄御堂筋線長居駅から徒歩5分
料金 リリース整体 ・初見料・・・3,000円 ・施術料・・・3,000円
住所 大阪市住吉区長居東3丁目13-31  06-6695-5408
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00(土曜 9:00~12:00) 休診日:水曜日・土曜日午後、日曜日、祝日

のぎ整骨院は痛みの大本は自律神経にあると考え、リライト整体という独自の整体法を使い症状を軽減していきます。リライト整体によって筋膜リリースすることで、筋肉自体に柔軟性を与え肘周辺の循環を良くし、疲れがたまりにくい状態を作っていきます。さらに関節の可動域などを改善することで、さらに正常な状態を保つことができるようになります。

リライト整体によって神経、筋肉、骨のバランスを整えた後に、脳による運動パターンを変えることで再発防止や予防につながっていきます。

・たかはし自然整体・整骨院

特徴 ・土曜日も通常営業 ・古川橋駅から徒歩5分
料金 ・自然整体療法 MK療法・・・5,000円 ・整体ライトコース  スポーツ障害・・・2,600円~2,900円      ほか
住所 大阪府門真市垣内町15-5 ニューシビックハイム1号室 06-6900-8771
診療時間 午前8:30~午後12:30/午後16:00~20:00 休診日:木曜午後、日曜日、祝日

たかはし自然整体・整骨院では自然整体療法を取り入れ、ひじ痛だけではなく膝痛、腰痛や肩痛はもちろんのこと、むち打ちやオスグッドなどあらゆる痛みに対応しています。

自然整体療法とは、呼吸に合わせ身体を揺らす、軽く押さえる、引っ張るなどを行うことで脳に働きかけ、身体の反応を引き出す施術方法です。やさしく刺激することで緊張や歪みを解消し、ひじ痛に対応していきます。駅から徒歩5分、土曜日も営業しているので働いている方も通いやすい環境にあります。

・同心整骨院

特徴 ・待ち時間がほとんど無し ・JR天満駅改札口から徒歩5分 ・大阪市営地下鉄堺筋線扇町駅から徒歩5分
料金 ・鍼灸治療・・・2,000円 ほか
住所 大阪市北区同心2-3-14  06-6358-2022
診療時間 午前9:30~13:00/午後15:00~19:30 休診日:土曜午後、日曜、祝日

同心整骨院ではケガ、痛みの状況など詳しく確認した後に1人1人の症状に合わせた施術を行ってくれます。どこから負担がかかっているのかを的確に判断し、不調の原因にアプローチしていくので、効果的な施術が期待できます。

ひじ痛以外にも、肩こりや腰痛など慢性的な痛みまで幅広く対応しています。鍼灸治療も行っているので、詳しくはスタッフに問い合わせてみてください。またフットケアや美容に関するお悩みにも相談対応しています。

・かがやき鍼灸整骨院

特徴 ・各種クレジットカード取扱 ・地下鉄玉出駅徒歩30秒
料金 ・テーピング治療・・・50円~ ・ハイボルテージ・・・1,500円     ほか
住所 大阪市住之江区粉浜西1-1-22  06-6115-8718
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00 休診日:土曜午後、日曜日、祝日

地下鉄玉出駅から徒歩30秒の好立地環境で通いやすい整骨院です。かがやき鍼灸整骨院では姿勢や身体全体の歪みを治し、根本原因から改善し再発しない正常な身体作りを行うことを目的としています。その為にも、初診の際には根本原因を明確にする為に時間をかけて診察していきます。

ひじ痛とはいえど、姿勢も大きく影響しており、姿勢が悪いことから筋肉のバランスが崩れ肘に負担がかかることも少なくありません。このひじ痛においても東洋医学と最新治療法などを組み合わせた独自の施術方法も行っています。

・GREEN整骨院

特徴 ・全額返金保証制度有り ・地下鉄谷町線都島駅から徒歩1分
料金 ・当日2名限定で施術料金が3,000円 ほか
住所 大阪市都島区善源寺町1-5-51スターリービル2F 06-6921-9020
診療時間 午前8:30~21:00 休診日:日曜日、祝日

土曜日も21時まで営業を行い、都島駅から徒歩1分と非常に通いやすい環境にあるのが、GREEN整骨院です。独自の施術方法である筋膜整体では筋膜と骨格の施術を合わせた施術法で、無痛かつ安全なので年齢を選びません。

痛いところをただ揉むだけでは根本改善にならず、筋膜を調整するためには高い技術力と知識がなければできない、という信念のもと勉強会も熱心に行っている整骨院です。

また施術に満足できなかった場合には、全額返金保証制度を行っています。数多くの整骨院がある中で返金保証制度を設けているところは少なく、施術に自信があるからこそといえるでしょう。

・ぷらす鍼灸整骨院 南森町院

特徴 ・初めての方限定 ネット予約で1,500円OFF ・JR東西線大阪天満宮駅7番出口 徒歩1分 ・地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅3番出口 徒歩3分
料金 保険料金 初診・・・3割 1,500円 2割 1,150円 1割 800円~ 2回目・・・3割 700円~ 2割 650円~ 1割 400円~ ※テーピング1部位300円~
住所 大阪市北区天神橋2丁目5-26 06-6232-8997
診療時間 午前10:00~午後14:00/午後16:00~20:00(土曜 10:00~15:00) 休診日:日曜・祝日

ぷらす鍼灸整骨院ではテニス肘を発症した時点が明らかであれば、健康保険を用いた施術を受けられます。

テニス肘の施術として筋膜リリースによって、肘関節に影響を与えている筋膜を緩めることでテニス肘の再発をも予防していきます。筋膜リリースは最近ではTVや雑誌などで注目を集めていますが、筋膜を緩めるという発想自体が新しいため、どこの整骨院でも筋膜リリースを受けられるわけではありません。同時に鍼灸で症状の原因の根本的な除去を行います。

ぷらす鍼灸整骨院には筋肉や筋膜、骨に関するエキスパートが多数在籍しており、自身がテニスをプレイしていたという柔道整復師や鍼灸師も少なくありません。そのため、プレイヤーの視点から症状再発を予防するための最適なアドバイスもおこなっています。

まとめ       

テニス肘やゴルフ肘、野球肘などひじ痛の種類はさまざまですが、一度痛みを感じると、長期化することが多く、中には3ヶ月経過しても痛みが引かないという方もいます。

常にサポーターを巻き、動作に気を使うのもストレスが溜まるものです。病院に行っても湿布を処方されるだけとあきらめてしまっている方も少なくありません。整骨院ではひじ痛に対して電気治療や鍼灸治療など、病院では受けられない施術を受けることができます。

ひじ痛が長期化している、慢性化しているという方は一度整骨院に相談してみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る