四十肩・五十肩の原因と症状は?大阪にあるおすすめ整骨院7選

2020.3.26 おすすめ記事
Pocket
LINEで送る

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩は肩関節の周辺組織に変性が起こり、炎症によって痛みが出る「肩関節周囲炎」のことです。40代以降に発症することが多いため、一般的に四十肩と呼ばれることが多いのですが、40代で症状が起これば四十肩、50代ならば五十肩と呼ばれ、それぞれに違いはありません。

四十肩・五十肩の原因は?         

老化に伴い肩の関節にある「腱板」という組織の炎症や、肩の部分にある関節を覆う膜や骨同士を結びつける靭帯の柔軟性の低下などから四十肩・五十肩は起こると考えられています。

また上腕部の筋肉と骨をつなぐ腱版が加齢によって変性してしまい、炎症が起こるのも原因と言われていますが、四十肩・五十肩のはっきりとした原因は解明されていません。ちなみに英語では「フローズンショルダー」とも言われています。

四十肩・五十肩はどこが痛い?  

四十肩・五十肩の痛みは、肩甲骨と上腕骨をつなぐ関節部分に痛みが出ます。そのため腕や肩を上げる動作が難しくなり、中でも腕を外側に回すような動作をすると特に痛みを感じることが多いです。

四十肩・五十肩の症状は?

四十肩・五十肩は痛みが肩周辺にあるだけではなく簡単な動作が困難になり、日常生活が不便になってしまう方もいます。四十肩や五十肩になると、何気なくおこなっていた以下の動作ができなくなることは非常に不便です。

  • 電車でつり革をつかむとき
  • 洋服を着替えるとき
  • シャンプーをするとき
  • 歯磨きをするとき
  • 髪の毛を後ろで束ねるとき
  • エプロンの紐を後ろで結ぶとき

四十肩・五十肩の状態は3つに分かれる         

四十肩・五十肩の状態は一般的に3つの期間に分かれるといわれています。痛みが強い「急性期(または疼痛期)」、痛みは落ち着いてきたものの思うように肩が動かせない「慢性期」、痛みが改善してくる「回復期」に分けられます。ほとんどの場合には、時間の経過とともに痛みは改善していきます。

急性期 

急性期(または疼痛期)は腕を上げた時に痛みを感じるだけではなく、内側・外側と肩を動かしたときに痛みを感じます。痛みは次第に強くなり、しばしば就寝中などに痛む場合もあります。痛みによって睡眠障害になってしまう場合もあります。急性期の痛みの経過は一般的に以下の順をたどるとされています。

  1. 鈍痛・・・肩が重苦しく感じる、肩関節がピリっとした痛みがある
  2. 感覚異常・・・肩周辺の間隔が鈍くなる、腕に違和感がある、首や肩に張りを感じる
  3. 疼痛・・・うずくようなズキズキとした痛みを感じる、朝晩に痛みが強い
  4. 夜間時痛、安静時痛・・・動いても何もしなくても痛い、就寝時に痛みを感じ寝付けない、痛みで目が覚める

慢性期 

慢性期は拘縮期と呼ばれることもあります。痛みや夜間痛などは落ち着いてくるものの、肩の関節が縮み動きは悪いままとなります。肩を動かした瞬間よりも動かし終わる直前に痛みが出るのは、慢性期に多く見られます。

また肩の動きが制限されてしまい、後ろに手が回らなくなることが多くなります。急性期に痛みがあるため、動かさない状態でいることが続くと関節が固くなり、動かせる範囲が狭くなります。

  • 夜間時痛、安静時痛は急性期よりも楽になる
  • 過度に動かしたときに強いつっぱり感がある

回復期 

回復期になると肩の可動域も改善されていきます。ただし、中には痛みや拘縮が治まらずに残ってしまう場合もあります。

  • 徐々に痛みが改善し、動かせる範囲が広くなる
  • 動かしても痛みが出なくなる

四十肩・五十肩は肩こりと違うの?     

四十肩・五十肩と肩こりは混同されがちですが、簡単に説明すると肩こりは肩周辺の筋肉疲労で、四十肩・五十肩は炎症を起こしている状態です。

  • 肩こり・・・筋肉の緊張によって血液の循環が悪くなることで起こるもの。習慣化した姿勢の悪さ、運動不足、ストレスなどによって筋肉疲労が起こり、張りや痛みが引き起こされたもの
  • 四十肩・五十肩・・・老化などによって、肩関節の腱板や関節包に炎症が起こることで痛みを生じるもの

四十肩・五十肩は年齢の若い方よりも中年以降に発症することが多いです。肩こりと四十肩・五十肩では、対処の仕方が異なる場合があるため、誤った判断で痛みを悪化させることがないよう、正しい診断を受け適切な対処を行うことが大切です。

四十肩・五十肩の対処法       

四十肩・五十肩の原因ははっきりと分かっていませんが、悪化させないためにも、状態に合った対処法が必要です。ここからは四十肩・五十肩の対処法をいくつかご紹介します。

運動療法

四十肩・五十肩は、運動療法をメインとしたリハビリが必要とされています。ストレッチや上腕をぶらぶらとさせる振り子運動は肩の関節の緊張をほぐし、痛みの緩和とともに関節の可動域を広げることを目的に行われます。四十肩・五十肩は両方の肩に同時発症することは少ないので、痛みがないほうの肩の予防策として日々取り入れていきましょう。

温熱療法

患部の血行を良くすることで治癒と緩和の期待ができます。入浴や蒸しタオル、温湿布などを温めると良いでしょう。温湿布でかぶれてしまう人は長時間湿布を貼るのは避け、入浴後は30分経過してから貼り直すようにしましょう。また、外出時には、肩を冷やさないようにすることも大切です。

寒冷療法

痛みが激しく患部周辺に熱感がある場合には炎症を抑えるために冷やします。冷湿布を貼って冷やすと良いでしょう。ただし長い時間冷やしてしまうと、筋肉が固くなってしまうため痛みが軽減したら温湿布に張り替え、血行を良くしましょう。

寝具を見直す

四十肩・五十肩は就寝時に痛みが出る夜間時痛が起こりやすくなります。寝不足になってしまうと肉体だけではなく精神的にもつらい状態となってしまいます。

人は平らな床で仰向けに寝ると、重力によって肩の位置が押し下げられてしまい関節に負担がかかります。肩に痛みがなければ問題ありません。しかし、四十肩・五十肩になると収縮した筋が引き伸ばされる、歪んだ力が加わるなどは痛みの原因となってしまいます。そのため、肩が押し下げられないように枕の角度の調整もしましょう。

バスタオルや枕を使って肩の高さを調整します。また、肩の関節は体の内側に向いていると楽なので、横向きで寝るのも対処法の1つです。この時にも肩が押し下げられないように高さを保つための抱き枕や丸めた毛布を利用しましょう。

病院で四十肩・五十肩の治療を受ける  

四十肩・五十肩か、ただの肩こりなのかは病院に行かなければわからず、治療法も異なるためきちんとした診断と治療を受けることが大切です。病院での治療は主に痛みと可動域の制限を和らげることを目的とした保存療法が中心となります。症状によって回復への期間も異なるため、それに応じて薬物療法とリハビリも必要となります。

整骨院の施術やアドバイス

四十肩・五十肩は年齢に伴い症状が出ることが多く、また慢性化してしまう方も多いです。肩周辺の筋肉や筋だけではなく、姿勢が影響していることも少なくないため、整骨院で治療を受けるのも良いでしょう。

多くの整骨院では、初診時にしっかりと問診を行い同時に身体バランスや状態を診てくれます。また正しい肩の使い方など日常生活でのリハビリ、ストレッチの方法を教えてくれる整骨院もあるので、一度相談してみるのもよいでしょう。

大阪にある四十肩・五十肩のおすすめ整骨院7選

小林整骨院 北浜

特徴 ・各種クレジットカード対応 ・地下鉄堺筋線・京阪 北浜駅から徒歩2分 ・京阪電車 淀屋橋駅から徒歩5分
料金 ・小林式背骨矯正・・・2,700円 ・骨盤・美脚矯正・・・100円     ほか
住所 大阪府大阪市中央区伏見町2-3-9 TAG北浜ビル1F  06-6228-0102
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00 休診日:水曜・土曜午後、日曜日、祝日

小林整骨院 北浜は小林式背骨矯正法を生み出した小林整骨院グループの1つです。

小林整骨院 北浜では、四十肩・五十肩は体の歪みから起こるものとして捉え、体の歪みを正し筋肉のバランスを整えることで、四十肩・五十肩の改善を目指します。小林式背骨骨盤矯正法や、小林式股関節矯正法を受けることで、肩や首の血流が良くなり、他の整体、マッサージや、カイロプラクティックで改善しなかった四十肩・五十肩の痛みや肩のこわばり、手のしびれを骨格・骨盤矯正で調整することができます。

北浜のオフィス街の真ん中という立地にあるため、仕事のお昼休み・帰宅前に気軽に通うことができます。

・創輝鍼灸整骨院

特徴 ・新規は1日2名まで ・JR阪和線 長居駅から徒歩30秒 ・地下鉄御堂筋線 長居駅から徒歩2分
料金 ・初回料金・・・9.000円(税込)  治療費6,000円+初検料3,000円 ・2回目以降の料金・・・6,000円(税込)
住所 大阪市住吉区長居3-2-3  0120-669-678
診療時間 午前9:00~午後13:00/午後16:00~20:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

初回に詳しい問診、検査、写真撮影により姿勢の分析を行い、症状の問題がどこにあるのかを把握してくれます。分かりやすい説明で、状態を説明してくれるので、不安を抱えながら治療を受ける心配がありません。

また肩や肩甲骨、鎖骨、肋骨など肩の動きに関係する関節のバランスを整える施術を行ってくれるので、四十肩、五十肩の根本的な原因から改善に導いてくれます。施術後も、日常の姿勢の保ち方などのアドバイスを受けることができるので、四十肩、五十肩の予防ができるようになります。

・松屋町鍼灸整骨院

特徴 ・HP特別割引有り ・松屋町駅から徒歩2分
料金 ・骨盤矯正・・・5,400円 ・猫背矯正・・・5,400円 ほか
住所 大阪市中央区安堂寺町2-7-5 06-4304-3103
診療時間 午前10:00~14:00/午後17:00~21:00 休診日:日曜日、祝日

松屋町鍼灸整骨院は問診も大切な施術の一つと考え、問診にしっかりと時間をかけています。検査しながら、体の歪みを分かりやすく説明してくれます。また、バキバキと骨を鳴らすような痛みのある施術は一切行わず、ソフトなマッサージを受けることができます。

ゆっくりソフトな刺激で固くなった筋肉の緊張を取り除き、骨格の歪みを矯正し姿勢を正しい状態にすることで、肩回りの循環不良が改善され、髄液包の炎症が治まり痛みも軽減する効果が期待できます。

骨格矯正を行いながら肩背部の筋緊張が緩和されるので早期回復をし、正常な肩関節の動きを取り戻すことができます。平日だけではなく土曜日も21時まで受け付けているので、仕事帰りにも施術が受けられるのもうれしいポイントです。

・中津駅だるま整骨院

特徴 ・土曜日も通常営業 ・阪急線 中津駅から徒歩1分 ・地下鉄御堂筋線 中津駅から徒歩5分
料金 ・初診料・・・2,000円 ネット限定1,000円OFFあり
住所 大阪市北区中津3-4-35コーポ中津1号 06-6376-1199
診療時間 午前10:00~午後14:00/午後15:00~21:00(土曜は19:00まで) 休診日:日曜、祝日

中津駅から歩いてすぐにある中津駅だるま整骨院は、土曜日も夜19時まで開いています。

初回はカウンセリングで、詳しい問診を行い肩の可動域のチェックを行います。さらに肩の痛みから体全体のバランスが崩れていることもあるため、姿勢や骨盤の状態をチェックします。痛みの状態を確認しながら、電気治療、患部への施術、可動域訓練、全身の施術などを行います。 状態を確認しながら施術を進めていきます。

施術後、再度可動域のチェックを行い、今後の治療の進め方など計画を立てていきます。しっかりとしたカウンセリング、可動域のチェックを行いながら四十肩、五十肩の治療を進めてくれるので、安心して施術を受けることができます。

・豊中岡町整骨院

特徴 ・初回限定割引あり ・阪急宝塚線 岡町駅から徒歩3分
料金 ・初回・・・施術料(合計)           3,700円 (初見料1,500円+施術料2,200円) ・2回目以降・・・施術料(合計) 2,200円 ほか
住所 大阪市豊中市中桜2-1-6 06-6152-8889
診療時間 午前9:00~午後13:00/午後16:00~20:00 休診日:土曜午後、日曜、祝日

豊中岡町整骨院ではなぜ四十肩になったのかを、その人の身体のバランスと共にトータルで見て判断しています。肩周りの筋肉はもちろんのこと、全身のバランスを整えることで四十肩の原因にアプローチしていきます。豊中岡町整骨院では、四十肩や五十肩の原因は基本的に不良姿勢や筋力の低下、筋緊張などによる血行不良が要因になると考えていますが、それだけが原因だと決めつけず、多角的に見て判断し治療方針を決めてくれます。

治療以外にも日常生活において気を付ける点やリハビリ方法、自宅でできる簡単なエクササイズなどのレクチャーも行ってくれます。

・大阪西区鍼灸整骨院

特徴 ・各種クレジットカード取扱 ・長堀鶴見緑地線 西大橋駅すぐ ・地下鉄御堂筋線 四橋駅から徒歩4分
料金 ・小林式背骨骨盤矯正・・・1,500円 ・鍼灸・・・3,000円 ほか
住所 大阪市西区北堀江2-1-2 06-6539-0119
診療時間 午前10:00~13:00/午後17:00~20:00 休診日:土曜午後・水曜、日曜、祝日

大阪西区鍼灸整骨院では、四十肩・五十肩を引き起こさないために固くなっている、間接周囲や肩甲骨周囲の筋肉にアプローチし、関節を動かしやすくすることで予防につなげてくれるような施術を行っています。

超音波治療や鍼治療を駆使し、一人一人の身体の状況に即した施術を心がけてくれるので、安心して施術を受けることができると評価も高いです。専門用語を使わずに分かりやすい説明をしてくれるのも安心できるポイントです。

また初回には問診を行いますが、その際に料金説明を行い患者が説明、料金ともに納得してから施術開始となる点もポイントが高いでしょう。

・みやもと鍼灸整骨院

特徴 ・初回限定割引あり ・大阪市営地下鉄 谷町線 都島駅から徒歩1分
料金 ・初検料・・・2,000円 ・施術料・・・6.000円 ほか
住所 大阪市都島区都島本通3-24-1 06-6167-4230
診療時間 午前9:00~12:30/午後16:00~20:00 土曜9:00~15:00 日曜9:00~13:00 休診日:木曜、日曜、祝日

みやもと鍼灸整骨院の四十肩、五十肩の施術では、固くなっている背骨、骨盤、股関節、肩甲骨、肋骨の筋肉と関節を緩めていくことで、血液やリンパ液の循環が良くなり、肩の痛みの原因である傷んだ組織の回復が促進されるようにアプローチしていきます。

また首(上部頚椎)の矯正を行い、身体全体の歪みを整わせていきます。これによって身体バランスが良くなり神経の流れが良くなることから自己回復力を高めることにつながっていきます。

電気治療なども組み合わせ、個々に合った方法で四十肩、五十肩の改善にアプローチしていきます。公式サイトの画像では、上がらなかった肩がまっすぐに上がっている画像が掲載されています。

まとめ

四十肩・五十肩は肩こりとは異なるので、症状に合った対処法と治療をすることが大切です。

また四十肩・五十肩は慢性化しやすく、痛みがなく完治したように感じても、実は完治していないケースやぶり返してしまうケースもあります。適切な対処も必要ですが、慢性化させないためにも整形外科や整骨院に相談してみましょう。

Pocket
LINEで送る