腱鞘炎とは?大阪でおすすめの整骨院7選

2019.9.27 おすすめ記事
Pocket
LINEで送る

腱鞘炎とは

腱鞘炎は女性に多く痛みが強いため、ちょっとした動作を行うにも不便さつらさを感じるものです。

手の指の骨と筋肉をつなぐ腱は、骨から離れないようにゴムバンドのようなものでつながれています。これが腱鞘です。腱が腱鞘の中で往復するような移動を行うことで、指が曲げ伸ばしすることができます。

この腱と腱鞘がこすれ合うと炎症が起こり痛みや腫れが現れます。これが腱鞘炎です。放置してしまうと病気が進行してしまったり、治療をしても関節が固まり伸びなくなってしまうことがあるため早め早めの治療が大切です。

腱鞘炎の症状・痛み

腱鞘炎になると、指の付け根などに痛みや腫れが起こります。手や指をよく使う方に多く現れる症状ですが、近年ではスマートホンの普及から若い方にも多く現れるようになりました。

炎症が起こり症状が進行すると腱鞘の周辺組織にまで影響が及び、痛みだけではなく手指や動かしにくくなってしまう、しびれが起こるなどの症状が起こるようになります。以下の兆候や初期症状を気が付きながらも放置していると、症状が進行し痛みの頻度が増えたり、痛くて手を使えないという状態になってしまいます。

腱鞘炎の兆候

腱鞘炎は兆候があり、次に現れるのが初期症状です。腱鞘炎の兆候症状は以下にようなものです。

・手や指が動かしにくい

・手を動かすとだるさをすぐに感じる

・手首に痛みはないが、熱感や腫れがある

腱鞘炎の初期症状

腱鞘炎の兆候症状から炎症が進行すると初期症状が現れます。

・何かをしようとすると瞬間的に手や指に痛みを感じるがすぐに消える

・どこが痛いのか部位の特定ができない

・手を動かす際に違和感がある

腱鞘炎になる原因

腱鞘炎の原因は簡単に言うと、手指の使いすぎによるものです。腱鞘炎は腱鞘と腱のこすれ合いによって起こるため、同じ動作を継続的に繰り返されることから引き起こされます。

例えば以下のような動作です。

・家事をこまめに行う

・赤ちゃんを抱っこする

・パソコンでキーボードやマウス操作を長時間している

・スマホを長時間使っている

・ピアノの練習を習慣的に行っている

年齢や性別を問わず誰もが腱鞘炎になってしまう可能性はあるのです。

手首・指・手・肘関節

手首、指、肘などには細かい動きをするために、たくさんの関節があります。それらの関節の動きが悪くなると筋肉や腱に大きな負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。

特に女性は家事仕事で指先を使う場面が多くあるため、腱鞘炎になりやすいです。関節が不調になると、結果として腱鞘炎の原因となります。

手の骨・手の筋肉

手の筋肉が過剰に緊張してしまう状態が続くと、腱鞘炎を招きます。例えば乗りなれていないバイクの運転をするなど、筋肉が動きになれていない段階で乗り続けていると筋肉が硬くなります。

また捻挫やケガといった骨のケガの後遺症から関節に不具合があると、緊張の度合いが強くなり腱鞘炎になりやすくなります。

背骨・その他の骨・内蔵

手から上腕の動きの神経は首の神経がコントロールしており、仕事や日常生活で首を前傾にした生活は頚椎や背骨に歪みを生じることとなり、神経機能が低下してしまいます。その状態のまま手を使い続けていると筋肉に疲労がたまりやすくなり、血液の循環も悪くなることから腱鞘炎へとつながってしまいます。

また、肝臓が弱くなっていると、腱鞘炎になりやすくなります。肝臓は血液の質をコントロールする場所で肝機能が低下すると血液の質が落ち、血液をたくさん使う部位に不具合を生じるようになります。筋肉は血液を大量に使うため、腱にトラブルが起こるようになり腱鞘炎を招いてしまうこともあります。

腱鞘炎から派生する症状

腱鞘炎は指のつけ根に強い痛みや腫れが起こるのが主な症状ですが、進行すると派生する症状が起こるようになります。

代表的なものがばね指と、ドケルバン病です。

バネ指

バネ指は、指を曲げ伸ばしする時に、バネのような引っかかりを生じるものです。指の曲げ伸ばしをするためにある腱と腱が浮き上がるのをおさえるための靭帯性腱鞘の間で炎症が起こる腱鞘炎の症状です。手のひら側の親指や人差し指、中指の付け根などが痛みます。

ドケルバン病

ドケルバン病は正しく表記すると狭窄(きょうさく)性腱鞘炎といいます。親指を伸ばす、広げるための働きをする腱が、腱鞘との間で炎症を起こす腱鞘炎です。手の甲に痛みや腫れを感じ親指を曲げる、広げるなどの動作では手首に痛みを感じます。

腱鞘炎は整骨院で施術できるのか?

腱鞘炎は一般的には、病院やクリニックなどに受診して初めてわかったという方がほとんどのため、まずは病院で診断を受けることが大切です。

しかし治療においては、病院やクリニックでは対症療法となるため痛み止めの注射や、痛みを抑える薬や湿布の処方などが治療の主となっています。進行すると手術をすすめられる場合もあります。

反対に整骨院では根本的な原因部分からアプローチを行い、腱鞘炎の施術とともに、予防まで行うため再発予防もできます。

般的な腱鞘炎の施術方法

整骨院での一般的な腱鞘炎の施術方法は以下のようになります。

  1. 問診、視診、触診などを行い、カウンセリングを行う。
  2. 電気治療やマッサージを行う
  3. 根本となる原因に対しての施術を行い再発を防ぐ

簡単な施術に見えますが整骨院によって施術方法は異なり、アプローチの方法もさまざまです。

腱鞘炎は常に使う手、指の炎症のため、自分に合った整骨院を見つけ施術を受けるのが改善の一番の近道となります。

腱鞘炎の悩み解決におすすめする大阪の整骨院7選

腱鞘炎の悩みは一日も早く解決したいものです。整骨院で治療をと思っても大都市である大阪には400軒以上もの整骨院が存在し、自分に合うのか、どんな施術を行うのかなど選ぶにも時間がかかってしまいます。

そこで腱鞘炎の施術を得意とする整骨院を7つ厳選しました。腱鞘炎でお悩みの際には、選択肢に入れてみてください。

・小林整骨院 本院

特徴 ・常時女性スタッフが在籍 ・キッズルーム完備
料金 ・骨格矯正・・・1,620円~ ・鍼灸・・・640円~      ほか
住所 大阪府八尾市桜ケ丘2-223-2  072-998-9630
診療時間 午前8:00~12:00/午後16:00~19:45 休診日:土曜日・水曜日午前休診、日曜、祝日

大阪府八尾市にある小林整骨院本院は「痛みは必ず取れる」という確固たる施術哲学のもと、近畿地方・大阪府/兵庫県、東海地方・浜松・豊橋に整骨院を展開しています。腱鞘炎の施術にも定評があります。

腱鞘炎やばね指を始め肩こり、五十肩、手足のしびれ、むち打ちや坐骨神経痛など様々な症状の悩みには小林式背骨骨盤矯正法でしっかりとした施術を行っていきます。

小林式背骨骨盤矯正法は日本に古くから伝わる施術方法を基に即効性があり、1回の施術で痛みがウソのように引いたという口コミも多数ある施術法です。

腱鞘炎が長期にわたっていると初めは施術を受けても変化はあまりありませんが、継続的に施術を受けることで少しずつ良くなり始めます。

・のぎ整骨院

特徴 ・ホームページ限定割引あり ・予約制で待ち時間が少ない
料金 ・腱鞘炎施術・・・6,000円~ほか
住所 大阪市住吉区長居東3-13-31  06-6695-5408
診療時間 午前9:00~13:00/午後16:00~20:00 休診日:日曜、祝日

「リライト整体」という他の整骨院とは違う施術を行うのが、のぎ整骨院です。

自律神経が乱れることで内臓の機能が低下し、筋肉のコリによって筋肉が骨に引っ張られるようになり間違った運動連鎖を脳が記憶してしまう点に着目し、筋肉や骨だけではなく、自律神経や内臓などすべてに対し的確にアプローチする施術を行っています。

リライト整体により神経・筋肉・骨のバランスを整えた後、脳の運動パターンを変えることにより再発防止や予防につながっていきます。

腱鞘炎で来院する方も多く、根本原因から腱鞘炎を治療していき、症状の改善と共に再発しない体づくりを提案してくれます。

・田中鍼灸整骨院

特徴 ・バネ指、腱鞘炎を得意とする ・予約優先制
料金 ・骨格矯正・・・2,000円~ ・鍼灸・・・640円~      ほか
住所 大阪市西区南堀江3-12-26 06-7492-8230
診療時間 午前10:00~14:00/午後16:00~21:00(土曜 10:00~16:00) 休診日:木曜午前休診、日曜、祝日

バネ指、腱鞘炎を活法整体、ハイボルト電流、鍼を用いて施術します。独自の施術方法であるカウンターストレインで、腱鞘炎、ドケルバン病に関係する筋肉を緩めていきます。

どこで治療をしても、今ひとつ効果を感じることができず改善しないという方でも楽になったと評価のある整骨院です。

・みやもと鍼灸整骨院・骨格矯正LABO。

特徴 ・初回限定割引キャンペーン有り ・日曜日も13時まで受付
料金 ・全身骨格矯正・・・6,000円~
・部分骨格矯正・・・3,000円~      ほか
住所 大阪市都島区都島本通3-24-1  06-6167-4230
診療時間 午前9:00~12:30/午後16:00~20:00 土曜 9:00~15:00 日曜 9:00~13:00 休診日:木曜日、祝日

血流が悪くなっている手の筋、腱を緩め血流を促し負担を軽くする施術を行います。また手関節の調整や手、指に負担がかからないように特殊テーピングを行い、より改善を早くします。体の歪みを整わせることで、患部だけを診る施術よりも確実かつ効率的に、根本から改善していきます。

・松屋町鍼灸整骨院

特徴 ・1日2名限定初回割引あり ・キッズルーム完備
料金 ・骨格矯正・・・5,400円~
・鍼灸・・・3,000円~      ほか
住所 大阪市中央区安堂寺町2-7-5  06-4304-3103
診療時間 午前10:00~14:00/午後17:00~21:00 休診日:第2,4水曜日、日曜、祝日

問診にしっかり時間をかけ、状態を精密に検査した後、体の歪みを分かりやすく説明してくれるため、安心し納得の上で施術を受けることができます。

痛みのない施術はソフトな刺激でマッサージ感覚で受けられるため、眠ってしまった方もいるほどです。

夜9時まで受け付けているので仕事帰りや家事が一段落ついた時間でも施術を受けられます。

・もも鍼灸整骨院

特徴 ・米国医師の徒手療法オステオパシーによる施術 ・予約優先で待ち時間なし
料金 ・初回共通 5,800円 2回目以降3,600円~ ・保険適用診療有り ほか
住所 大阪市阿倍野区天王寺町北3-2-3ネオコーポ阿倍野103号   06-4302-5755
診療時間 午前9:00~12:00/午後15:00~19:30(土曜は18:00まで) 休診日:木曜、日曜、祝日

もも鍼灸整骨院では骨格調整を行い腱鞘炎をスムーズに改善に導きます。腱鞘や腱にかかっている過剰な負担を減らすために、うまく働いていない手や腕の骨をスムーズに動くよう関節、指、内臓など根本原因を徹底的に調べ、アプローチを行い総合的なケアを行っていきます。

・みゅう整骨院

特徴 ・手指専門整骨院 ・医師、看護師がメンテナンスに通う整体院
料金 ・全身整体コース・・・3,000円~ ・手指専門整体コース・・・3,500円~      ほか
住所 箕面市牧落1-19-19  072-722-7026
診療時間 午前10:00~14:00/午後16:00~20:00 休診日:土曜日午後、日曜、祝日

ばね指、腱鞘炎専門に取り扱うのが、みゅう整骨院です。車で1時間以上かけて通院している人もいるほど、その力は確かなものです。

手の甲や指の歪みに関連する筋肉を丁寧に緩め、腱鞘炎、ばね指にアプローチしていきます。手技を使い施術を日々行う整骨院だからこそ、手指のトラブルに着目し、研究と技術の開発に力を注ぎ、ばね指、腱鞘炎を改善する手指整体コースが生み出されました。

一般的な整骨院の治療は手を安静にする考え方で施術を行いますが、みゅう整骨院では積極的に動かして治す画期的な施術を行っています。

整骨院に通わずに個人で腱鞘炎を対処できる?

腱鞘炎は少し動かしただけでも痛みを感じる症状のため、どうすれば痛むのか、どう動かすと痛むのかが自分でわかるようになるまで時間がかかります。

病院にも整骨院にも通わずに腱鞘炎を対処するならば、患部を冷やし、固定し安静にしているのが一番良いです。やってはいけないのが自己流のマッサージです。逆に炎症を強くしてしまう危険性が高いため、マッサージはやめましょう。

病院では湿布薬を処方されるのが一般的ですが、一時的に痛みを緩和させる力しかなく、痛みはすぐに再発してしまうことが多いです。

整骨院では、身体のことを病院同様、それ以上に知り尽くした専門家によって施術をしてもらえます。

一人一人の身体、状態に合った施術をしてくれるのも整骨院の大きなメリットです。

腱鞘炎の予防法

自分でできる腱鞘炎の予防は再発を防ぐためにも覚えておきたいものです。腱鞘炎を予防するための4つの方法をご紹介します。

手首の使いすぎに注意

非常に単純かつ、重要なことが手の使いすぎに注意することです。腱鞘炎は手首の使いすぎによって起こることが多いため、手首を使う作業をしたら休める時間を作り使いすぎを注意しましょう。

手首は日々使うもののため、熱感があるときには冷湿布やアイシングをして冷やすようにしましょう。

手首のケア

腱鞘炎は炎症を起こすのと同時に、肘から下の前腕の筋肉が凝り固まってしまっていることがほとんどです。痛みがあるからと手を動かさないでいると、筋肉はどんどん硬くなり弱くなってしまいます。

手首に正しい位置でテーピングをすると筋肉をサポートできるので、動かしても痛みも起こりにくくなります。またテーピングすることで腱鞘炎の症状の進行を食い止めることもできます。

筋肉を鍛える

手首や指には多くの筋肉がついています。しかし普段、力を入れて使う筋肉は限られているため、あまり使っていない筋肉をあえて鍛えることで手の筋肉のバランスを整えることができ、腱鞘炎の予防につながります。

普段使っていない筋肉を使うことで、よく使っている筋肉を緩める効果があります。

・手をパーに開き指をできるだけ横に大きく開く

・指を伸ばしたままで手首をそらす

・手をパーにして開き手首から先をワイパーのように反復させる

など、気が付いたときにやってみるとよいでしょう。

筋肉をほぐす・ストレッチする

手の筋肉を鍛える前後には筋肉をほぐすストレッチを行いましょう。ストレッチは、スポーツの前後に行い筋肉を緩める効果がありますが、手首や指も同じ効果があります。特に、筋肉の緊張が強い時には丁寧にストレッチをすることで、腱鞘炎の予防になります。

  1. 肘を曲げできるだけ大きく後ろに引く
  2. 肘の位置を変えずに肘を完全に伸ばす

これだけで腕の内側の筋肉が引き延ばされますし手首をそらすなども良いストレッチになります。

腱鞘炎には改善しにくいものもある

腱鞘炎を完全に改善するためには時間がかかります。筋肉や疲労などが原因から起こる腱鞘炎であれば、施術を行うことで改善していきます。

しかしさほど手を使っていないのに手指や手首に痛みが生じる場合には、筋肉の緊張、疲労以外のことが原因であると考えられます。

妊婦さんや閉経前後の女性は腱鞘炎になりやすいといわれています。妊婦さんの場合には、妊娠したことで胎児の重みから全身的なむくみが出たり、背中の緊張が強くなります。家事をさほどし過ぎていないのに腱鞘炎になった場合には、腱鞘炎の原因そのものが一般的な腱鞘炎と異なるため改善もしにくいです。

また、妊娠期はプロゲステロンという女性ホルモンが通常期よりも多く分泌されます。プロゲステロンは2つの腱を覆う腱鞘を収縮させる作用があるため腱の滑りが悪くなり腱鞘炎を発症しやすくなります。

一方で閉経前後の女性はもう1つの女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少していきます。エストロゲンには女性らしい体を作る、髪や肌の潤いを保つなどの働きがありますが、腱や関節を柔軟に保つ働きも持つため、減少すると腱や腱鞘が炎症を起こしやすくなります。

このようなものが腱鞘炎を引き起こしている場合には、筋肉の緊張を緩める、骨格の歪みを整えるだけでは腱鞘炎の改善が難しくなり様子を見ながら施術という形になります。

大阪の整骨院で腱鞘炎を施術するなら

400軒以上もの整骨院が存在する大阪で腱鞘炎の施術を受けたいと考えているならば、しっかりとした技術を持ち、1人1人の状態に合わせた施術を行う小林整骨院がおすすめです。

本院は近鉄八尾駅すぐにあり、30年以上地域に根付いた施術を行っていることから、現在では多くの方が他市、他府県からも足を運び施術を受けています。

カリスマ治療家と言われるほどの卓越した技術を持つ小林整骨院グループでは、小林式背骨骨盤矯正法を用いて体の歪みを整えることで痛みに対する根本治療を行っています。

小林式背骨・骨盤矯正法は日本に古くから伝わる施術法を土台とした「骨と筋の力学や習性」を利用した整体とは一線を画する、背骨骨盤矯正治療法です。即効性があり、1回の治療で今までの痛みがウソのように軽減することも珍しくありません。悪い状態が長期にわたっている方は、初めは矯正を受けても変化はありませんが、施術を継続することにより少しづつ良くなりはじめます。

手足のしびれ、腱鞘炎、ばね指の施術でも評価が高く、治療と同時に二度と再発しない身体作りを提案してくれます。

まとめ

腱鞘炎によって手や指、手首に不具合があると日常生活が困難になってしまいます。普通にできたことができないジレンマはかかったことがない人にはわかりにくいため、周囲から理解されにくいのもつらい点です。

自己流でマッサージをしたり湿布で痛みを逃しているうちに、痛みがどんどん強くなり手を動かすのもつらいという状態にならないためにも、早め早めの対策が必要です。

手や指、手首が痛いだけで整体に行くのもとためらわず、一日も早く腱鞘炎を改善するため、進行を防ぐためにも普段からの予防方法を行うのと同時に整骨院で治療を受けていきましょう。

Pocket
LINEで送る