間違った歩き方が腰が痛くなる原因になる?対処法やセルフチェック方法を解説

2022.12.1 歪み矯正 , 腰痛・ぎっくり腰 , 足・足の裏の痛み , 重要おすすめ記事

ストレッチをしても整骨院や病院に通っても歩くたびに繰り返す腰痛。

  • 普段の自分がどういう状態で
  • 何が原因でどうアプローチすればいいか

それを知ることがイマの身体を変え、腰痛を解消する一番の近道になります。また、「痩せよう、健康のため」と散歩やウォーキングを日々頑張っていても、間違った歩き方をしていると腰痛になり、不健康にもつながります。

正しい歩き方を身に付けて、健康な体を作りましょう。

小林整骨院ではメールでのお悩み・ご質問等の相談も承っていますのでお気軽にご相談下さい。

目次

  1. 腰痛の原因は間違った歩き方が原因?
  2. 正しい姿勢とは?
  3. 姿勢のセルフチェック法
  4. 腰痛を出なくする解決法
  5. まとめ

腰痛の原因は間違った歩き方が原因?

歩いていて、立っていて太ももの前が張ってきたりダルくなってきたりしていませんか?

そんな方は重心が前側に乗り過ぎてしまっています…

太ももの前が張るとどうなるか

骨盤を前傾させるため、反り腰になりやすく腰に負担がかかります。さらに、腰痛の原因になってしまう腸腰筋(腸骨筋と大腰筋)にコリを生んでしまい、結果的に歩きすぎると腰に痛みが出てしまいます。また、過去に足首の捻挫を繰り返している方も歩行が原因の腰痛かもしれません。

足首は可動性の関節で様々な方向に動き、歩行において着地と蹴り出しを行う大事な役割があります。そんな足首を捻挫してしまうと足首周りの筋肉の働きが悪くなってしまい不安定になってしまいます。

では、不安定になってしまうとどうなるのか…

地面についた時の衝撃がうまく分散されずに膝から股関節、腰へと負担が掛かっていきます。もっと言うと、首まで負担が伝わり首コリや肩コリの原因にもなり得ます。骨盤を前傾させてしまう原因になり反り腰を引き起こします。

正しい姿勢とは?

正しい姿勢とは、簡単に言うと左右の筋肉をバランスよく使えているか。そして、猫背や反り腰のような姿勢のエラーが起きていないかになります。

正しく歩くにはどうすればいい?

まずは、頭の上からひもで吊られているような意識で背筋を伸ばします。ここで背筋を伸ばすことを意識するあまりに腰を反らしてしまうケースが多いです。腰が反らないように下腹部(おへその下あたり)に少し力を入れるようにします。

これで歩き出す準備が整いました。ここから足を出していきます。

前に出す脚の膝はほとんど曲げないようにし、脚を伸ばしたまま踵から地面に接地します。踵が接地したら母趾と示趾で抜けていくように地面を蹴り出します。そうすると脚が後ろに綺麗に伸びていき、太ももの裏側を使った正しい歩き方が出来るようになります。


姿勢のセルフチェック法

まずは鏡(姿見がベスト)を用意しましょう。

正面からのチェック

  • 頭(顔)や首が傾いていないか
  • 肩の高さは左右同じか
  • つま先が内や外に向き過ぎず左右が同じような角度か

横側からのチェック

  • 頭が前に出ていたり、猫背、出っ尻になっていないか
  • 耳、肩の外側、大転子(お尻の横のくぼみにある骨)、膝の外側、くるぶし
  • これらが一直線に並んでいるか

セルフチェックをしてみてエラーが出ている部分があれば一度、意識してご自身で修正してみてください。


腰痛を出なくする解決法

結論から言うと『正しい姿勢で正しく歩く』を意識して行うことです。

セルフケアでのアプローチ

  • 太ももの前側、腸腰筋、殿筋のストレッチ
  • 下腹部、お尻、太ももの裏側のトレーニング
  • 猫背にならない、腰が反らないような姿勢への意識

上記のようなストレッチやトレーニングをすることによって予防や症状の改善につながります。ただし、痛みが出るような時はそれ以上やらないよう注意して下さい。

小林整骨院でのアプローチ

  • 背骨・骨盤矯正で背骨や骨盤を中心とした各関節の矯正で身体のバランスを整える
  • 筋肉矯正で硬くなり姿勢を崩してしまう原因になっている筋肉を解す
  • 関節トレーニングで姿勢改善を目的とした働いていない筋肉を機能するように刺激を入れる
  • EMSで身体の軸(体幹)の安定、コルセットの役割を担う筋肉の強化

小林整骨院グループでは患者様それぞれの身体の状態を見極めて、最良のプランを立ててご提案させて頂きます。「自分ではわからない」「早く改善したい」と思われる方は、一度お話ををお聞かせください。

まとめ

今回は『歩行による腰痛』というテーマでご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

小林整骨院へ受診をされた方に話を聞くと、歩いていると腰に痛みが出てしまうという方は多いです。

1回の施術で痛みが消失するケースもあります。ただ根本的に改善するまでには複数回の施術が必要なケースがほとんどです。習慣化された「良くない姿勢」の改善には、ある程度時間がかかります。

小林整骨院では施術だけでなく、良くない姿勢を治すための自宅でできるセルフケアを随時お伝えし、サポートします。

現在、歩いていると腰が痛くなってしまう方は是非一度、小林整骨院へお問い合わせください。

監修者:小林英健院長
株式会社KMC小林整骨院グループ 総院長 株式会社KMC小林整骨院グループ(所在地:大阪府八尾市 代表:小林英健)は、「小林整骨院」を1985年11月に大阪府八尾市で開業(現:あすなろ整骨院北本町)。現在では全国に42店舗展開し、全グループ院の延べ来院患者数は1300万人を超えています。「スポーツ活法」というトップアスリートの心身ともにサポートするための新療法を実施。治療できる領域の幅を広げて様々な治療経験を積むことで、すべての患者様・アスリートを癒し、スポーツ界や地域社会に貢献することを目指します。KMC小林整骨院グループ オフィシャルサイト(https://www.seikotsuin-kobayashi.com